2021年07月14日

【薙刀式】最近のgoogleすごいな

戯れに「薙刀式」でググってみたら、
一番に薙刀式の定義ページが出てくるのは当たり前として、
その要約がすごすぎた。
(そこそこ検索されるワードは要約がつくようになったよね)

> 物語を書くためのカナ配列「薙刀式」です。 長文を楽に速く書くために、長物の最強武器「薙刀」の名を採りました。 人差指同時押し(逆手FJで濁音、逆手VMで半濁音)を組み合わせます。 ... 2 「清・濁・半濁・小書き・拗・外来音同置」。

この文章量でこれだけうまく特徴を引用編集してるのは、
かなりびっくりした。
何も知らない人にこれだけの文字数でこんなに端的に示せないわ俺。
自分で書いた冒頭文だけですませて、
「清・濁・半濁・小書き・拗・外来音同置」はビビって外すだろうなあ。
少し興味のある人にも、ガッツリ興味のある人にも刺さる、上手な要約だ。

googleの人工知能なのか、手作業なのか…
自動で抽出だとしたらどうやってるんだ…?
posted by おおおかとしひこ at 23:47| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。