2021年07月22日

【薙刀式】「神経系統」の運指

神経の話じゃなくて、
「しんけいけいとう」という文字を打つ時の難しさの話。


R,SKSKDL
と、文字にするとなんてことはない。
単打8連打。

でもこれを1〜1・5秒で打つようなスピードだと、
ほぼ間違う。

左右交互8連打というのもあるから、
リズムをうまくつくらないといけない。

しかし、とくに「けいけいとう」の部分、
全て中段のSKSKDLの、
左薬 右中 左薬 右中 左中 右薬
の部分がすこぶる難しい。

〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 右薬 左薬
〇〇 〇〇 左中 右中 右薬 左薬 右薬
〇〇 〇〇 左中 右中 右薬
のような間違いパターンになってしまう。

後半の左右交互の乱れ(右が左を追い越してしまう現象)と、
中指と薬指の組み合わせの乱れが見られる。

僕は中指と薬指の分離がきちんとまだできていない。
それが関係するかもしれない。


新下駄配列では中指シフトと薬指シフトに意味のある区別がなく、
それが色々な文字を自由に配置できる新下駄の利点であったが、
分離できていない指で思うように打てない僕個人には、
かなりの障壁だった。

その経験を踏まえ、
薙刀式で中指と薬指を混乱するような運指は、
経験的にめったに出ないようにしている。
少なくとも和語ではほぼないだろう。
しかし熟語では発生しうるということか。


熟語は、いろいろな言葉がくっついてつくられる。
それを完全に予測できないものだ。
神経と系統はもともと別の言葉だけど、
膠着語である日本語はそのままくっつけて一つの言葉にできる。
だから、
設計時には予測しなかった連接が発生することがあるというわけだ。

薙刀式での漢字熟語は、
第一文字が左に来やすい(拗音の第一文字が左手のため)こと、
第二文字が右手にほぼあること、
から、左→右の左右交互になりやすい。

この複合要因でそうなったということか。


対策はあるかなあと考えるが、
膠着語に対してすべての対策は無理だろうということになる。
言葉別に慣れるしかないよなあと。

めったに出ない言葉ほど訓練しないと打ちづらいというのは、
新配列のしょうがない部分ではあるなあ。
良く出る言葉が打ちにくいよりましとするしかない。

ちなみに新下駄でワースト単語のひとつ、
「大網白里」という和語複合語の地名もその例だろう。
これも中指薬指と中段ばかりと同時単打の混乱がたくさんある。
(DL)(DL)(DJ)(DO)L(SJ)(SL)S

中段ばかりの時に発生しやすいのでは?
という仮説にここではとどめておく。
人間は似たもののときに間違いやすいからね。


さほど出ないものまでどれくらいケアできるものだろうか。
発見しないと問題として存在するかもわからないから、
一個一個発見しては看過できないものを修正していく、
ということでしかないかもしれない。
飛鳥はそれを十年もやった配列だが、
そのへんが優秀なのかもしれない。
posted by おおおかとしひこ at 15:14| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。