2022年01月10日

【追悼】福間創

おい、フーコロ。お前音楽なんかやっとったんか。
知らんかったわ。
こんな訃報で、小6以来のお前に再会するとは思わんかった。


福間創ことフーコロ(小学校の頃のあだ名)は、
俺の親友の一人だった。
小学校卒業して別々のところに行ったので、
その後の消息は全く知らない。

お姉さんが宝塚の音楽学校に合格したのは、
おかん経由で風の噂に聞いてたが、
弟の行方は今の今まで知らなかった。

あの小6の一年間は、
俺ら最高に面白かったと思う。
人生には何回かピークがあるとしたら、
間違いなく俺の人生の最初のピークだった。

お互い笑いの中心人物で、
それぞれ工夫を凝らした演劇を作り合ってた。
俺は勝手にライバルだと思ってたぜ。


一家が音楽畑だったのだろうか、
音楽方面に進んでて、
なんだか俺とニアミスしそうになってたんだな。

そんなことを今ここで知るとは、
俺はどうすればいいんだろうか?

コマネチ体操というギャグをつくって、
オガヒデ(これもあだ名だ)とかと20番くらいまで作ったんだっけ。
今ひとつも覚えてないや。
農民一揆と打ちこわしからの、ビョーキのハットリくんだったっけ。


神様はどうしてこんな再会を企んだのだろう?
せめて俺に知って欲しかったのだろうか?

これからお前が作った曲を、
一つずつ聞かなければならない。



脳内の未破裂血栓化大動脈瘤って、痛かったんだろうか。
脳内に神経がないから、痛くないんだっけ。
だったらまだマシかもなあ。

オガヒデは20歳になる前にトラックに轢かれて死んだぜ。
カワモと葬式で会った。ヨシムは元気かなあ。
中学ぐらいに一回だけあった同窓会で、
会ったんだっけ。もう忘れたな。

1/1に死ぬとは、めでたい好きのお前らしいや。
とりあえず先客のオガヒデと遊んでてくれ。
再会したら、ギャグの続きを考えようぜ。
あの6年4組の教室は天国にもあるだろ。
あの一年よりすげえ一年があったって話をしなければならんな。
オーカおまえこんななっとったんか、ってお前も驚くだろ。



なんでこんな追悼記事を書かなければならないのだろう。
ネット時代になって、知らせだけはすぐ来る。
posted by おおおかとしひこ at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。