2022年06月13日

【薙刀式】v15の候補の整理

今のところ二つあるので、整理しておく。


カタカナが、v14から動いたもの。

v15-A

【単打】

小きてし← →削るすへ
ろけとかっ くあいうー
ほひはこそ たなんられ

【シフト】

 ヌりネ< >さよえゆ
せめにまち やのもわつ
  を、み お。ムふ

マイナーカナ3傑、むねぬが確定して、
右手に動詞終止形が「死ぬ」以外全て集合。
理論的に美しい形をしていて、
もうこれ以上いじる部分はないと思われた。
これで完成を名乗ろうと思っていた…昨日までは……


v15-B

【単打】

ヴきてし← →削るすへ
ろけとかっ くあいうー
ほひはこそ たなんられ

【シフト】

 ヌりネ< >フよえゆ
せめにまち やのもツサ
  を、み お。ムワ

v15-Aの改良版。
「から」が同時押しの「ぶ」に化けやすく、
頻度が高い連接のためずっと困っていたのだが、
ら裏に「わ」を移動する妙手を思いつく。

ヴを復活させれば、うの裏に濁音になるカナを移動でき、
「つ」を小指から薬指へ昇格することが可能になった。
弾き出された「ふ」は、
「ぶん」「ぶら」などを打ちやすいU裏に。

「さわる」「さわられる」などが打ちづらいが、
現状「から=ぶ」にならないし、
昔から打ちづらかった「フェ」が打ちやすくなった
(「ファ」「フォ」は最適化運指が必要)ため、
プラマイでこれの方が使いやすいのでは?
と思い、現在テスト中のバージョン。

結構な変更なため、
まだ気づいていない不具合が多数発見される可能性あり。
そしたらまたいじるかも知れないので、
暫定版に過ぎないと考えられる。

マイナー三傑カナはだいぶ慣れてきたので、
右手のつふわさあたりの、端のカナが今ホットな部分。


ただ、理論的に美しくない、
という欠点を抱えてはいる。
ヴァ=ヴ+半濁音のM(外来音同時押し)+あ
という直感にやや反する同時押しがある。
ツァ行も消えたし。

とはいえ、「から」をロールオーバーで高速で打てるのは、
ストレスがなくなり爽快だ。


また妙手を思いつくかもしれないが、
現状のv15最終版(fix版)の候補たち。
もう少し安定してきたらBのファイルも公開します。



(追記)B版、イマイチ乗りが悪いなあ。
「される」「さらされる」「さわられる」
あたりの運指に無理があり、指がこんがらがる。
「わるい」「かわるがわる」なんかも良くない。
「つ」が右薬指に来たことで右薬指の負担が結構大きくなってしまうので、
これはこれで苦しくなりそう。

それだったら、A版で、「から」と「フェ」が、
やりづらいという欠点こみで受け入れたほうが良くない…?と、
今はA版に心が傾いている。

あちらを立てればこちらが立たず、
という仮名配列の特徴を久しぶりに味わった…
posted by おおおかとしひこ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック