2022年11月09日

【薙刀式】HHKB、打鍵感においてPearlioに劣る

いや、かつてはHHKB至高と思ってたよ。
最高の打鍵感だと。

だが遊舎で試打したHHKB雪(TypeS)の、
あまりのカサカサさに言葉を失ってしまった。
話にならないでしょ。


たしかにサイレント系は、
ゴム部分のこすれがあるのか、
カサカサ感がどうしてもでる。
でもさ、
これだったらKailh Midnightのほうが優秀じゃんね。
Durock Alpaca Silentでも、Durock Daybreakでもいいよ。

HHKBが上回るのは、
もはや「HHKBを触っている」
というブランド信仰のみじゃない?


これはTypeSだけかなと思って、
ノーマルのHHKBを触っても、
うーんPearlioの勝ち、って思ってしまう。

なんならDurock Speed Silverでも勝てると思った。
Gateron CJとかPinkでもいけるよな。
Akko Jelly WhiteやEverglide Aqua Kingもいい。

ランクを落として、
Gateron Pro SilverやDurock Alpacaでも勝てそう。
Kailh Box Red Proでもいけんじゃね?


もしHHKBや東プレの、
静電容量無接点方式(むしろ東プレスイッチというべき)
こそ至高、と思っている方がいたら、
これらのスイッチで組まれた自作キーボードを触ってみてほしい。
そしてHHKBと比べられたい。
すでに唯一無二の最高峰では、もうないことがわかるだろう。
わかんないなら打鍵音痴をさらすだけ。

東プレスイッチはタクタイルと言われるが、
ロングスプリング(2ステージや3ステージを含む)の、
挙動の方が近いと思う。
別にコリコリしてるわけじゃなくて、
途中から負圧になる感覚が重要かと思う。
それは長いスプリングほど感じるよ。
Pearlioなんかはそうだね。


PFUや東プレは、これに危機感を持たないのだろうか?
それとも知らないのか?
知っててなお改良しないなら、
ブランドは偽物化していきそうだな。

僕は日本人だから、メイドインジャパンに頑張ってほしい。
精度や丁寧さにおいて日本が上と信じたかったが、
少なくとも自作キーボードの開発の最前線、
スイッチのジャンルでは、
じきにトップ10に入れなくなるのではないか?

JWK Semisilentなんて面白いスイッチも出始めている。

メカニカルはうるさい、カチカチしてるなんてイメージは、
すでに十年前の認識だと思う。
いずれアルプスブランドのように、
中国のスイッチが天下を取ると思うよ。
このものづくりは、メイドインジャパンは敗北だ。


あ、セブンイレブンATMのスイッチ(東プレ製)は、
まだ至高です。
これの自作キーボードがあったらいいかも。

でも、
僕が作った改造スイッチ「アクリルPearlio」のほうが、
自分的には何倍もしっくり来るんだよな。


東プレの人、キー部へおいでよ。
東プレスイッチが勝てないキーボード、
いっぱいさわれるよ?
posted by おおおかとしひこ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック