2022年12月22日

【薙刀式】sonography chair

なんやこれ。

https://www.amazon.co.jp/ErgorestツインSonography-Chair-for-Better姿勢by-Salli/dp/B078VC4DY8

42万円…


インドのメーカー、日本語訳が自動なのでボロボロ、
言いたいことは分からないが、
やりたいことは全然わかる。

ケツを二つに割って太腿や股関節に負荷の少ない座り方、
骨盤を支えて背骨のS字を保つための腰近辺の仕組み、
そして作業用に腕や肩に負荷をかけないための、
肘置き。

人間が自然に座れるように、
座った時に負荷のかかるところを、
なるべく支えようという仕組みだ。

おそらく座った姿勢は、
浅目の空気椅子のような姿勢だろう。
90°ずつ膝や足が曲がるのではなく、
30°くらい曲がる感じのやつ。

ふむ、これなら真のエルゴノミクスに近づけそう、
と考えるのも分からなくもない。


だけど、それが正解か?
と疑っているのが現在の僕のスタンス。

これって、
「ある一定の姿勢維持に対して、
負荷を最小にする仕組み」止まりじゃないか?
と疑うわけ。
つまり、「寝返りを考慮してなくない?」ってこと。


エルゴノミクスの歴史は、
戦闘機の椅子から発展した。
当時の劣悪な椅子から、
長時間飛行時に負荷をかけないような形とはなにか?
が問われたわけだ。

だけどその時から
「人は寝返りを打たず、同じ姿勢でい続ける」
を前提にしてない?
って僕は思う。

つまり静的設計で終わってないか?ってこと。


ゲーミングチェアといえば、
赤い別珍か青い別珍の、
アストロシティについてたアレだろ、
というネタがある。
背もたれもなく、肘置きもないアレだ。

僕は実はアレのほうが、
長時間ゲームをするのに向いてるのでは?
と考えている。
姿勢を自由に変えられるからだ。

上であぐらをかけるし
(少なくとも足は組む。スト4の頃マゴさんが、
マジあぐらをかいてるのは見たことがある)、
手は自由に動かせるからだ。

特に僕は右足を半あぐらにして、
太ももに右肘を置く体制が好きだったな。

もちろん、展開によっていかようにも座り方は変えられる。
ケツが痛くなってきたら浅く座ったり、
逆に深く座ったりしたものだ。

とはいえ、連勝しまくって30分連続で座ったことはないけど、
実際その間「全く動かない姿勢」ではないことは、
想像に難くない。

つまり、人は動く。

その姿勢的寝返りに、
うまく対応できてる椅子が、
最強の椅子だと僕は考える。

ざっくりいえば学校の椅子が良かったように思うな。

だから僕は、
カフェの椅子には特段不満がなくて、
こうしたエルゴノミクスチェアが、
あんまり意味がないんじゃないかと思っている。

そういえばオカムラのショールーム行くの忘れてた。
コロナで事前予約いるから面倒。


キーボードが厄介なのは、
学校の椅子と机と、相性が悪いことだね。

高さが違うのでは説は、
すでに仮説をいくつか出して、
バビロンで検証している。

手首をつけ続けるのは、
神経や筋肉を圧迫し続けるだろう。
実際僕の小指球にはキーボードダコがあり、
これが出来る前はよく指が痺れた記憶がある。

ペンダコが出来たことはないが、
キーボードダコは出来た。
このことが示すことは、
ペンの作業<キーボードの作業ではない。
多分僕はペンで書く方が多いから。

だからつまりは、
ペンの負荷<キーボードの負荷
だと思うのだ。


手書きで肩こりや腰が痛くなったことはほとんどない。
学校教育のたまものだろうか。

4時間かけて手書き執筆してもなんの問題もないが、
4時間キーボードを打つとどこかしら痛くなる。

キーボードはこれだけ研究しても、
なお色々凝るのはなぜか。


ペンで書く時はペンや紙も移動して、
姿勢的寝返りを打っている気がする。

しかしキーボードとモニタは、
同じところに置いたままだ。
だから姿勢的寝返りの範囲が小さいのでは?
と今僕は考えている。

じゃあ15分に一回くらい、
キーボードの位置を変えたり、
テントしたり逆テントしたり、
チルトしたり逆チルトしたり、
左右の位置を離したり近づけたり、
ハの字にしたり平行にしたり、
するといいのだろうか?

モニタの位置も、
遠くしたり近くしたり、
高くしたり低くしたりするのが、
いいのだろうか?


固定した姿勢ではなく、
寝返りを誘導できるような仕組みがあれば、
手書きと同じようになるのかしら?

完全同一姿勢を前提とした、
ある種の拘束具に見えるこの椅子と、
対極的なことを現在の僕は考えている。


ちなみに逆チルトはなかなか興味深く、
本日3日目のテストを終えてから、
結果を考察したい。
posted by おおおかとしひこ at 10:40| Comment(2) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これも同じものですかね?

https://youtu.be/1VhRmhQl4QI
Posted by かみだい at 2022年12月22日 20:47
>かみだいさん

おそらくですね。

これ手術室なのかな?
外科医の手術とか体勢キツそうだから、
そこに売り込んでるのかしら。

手元の細かい作業に向いてるかは、
座ってみないとなんともいえないですかね。
Posted by おおおかとしひこ at 2022年12月22日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック