2022年12月31日

【薙刀式】論理配列界のドン?

> 大西拓磨@IlllIlllIlIlIll
> 論理配列界のドンによる好意的な考察!うれしい
全然まだ彗星のように現れた新人のつもりですが…
それか「薙刀式がやられたか…」「ククク…やつは八将軍で最弱…」
くらいの立ち位置かなあと。

実際、論理配列界のドンに相応しい方って誰?


論理配列を論じよう、
には二種類の人種がいて、
設計する人と使う人だ。

パッと使って、今どうなったかわからない人は、
結構いると思う。

ヘビーユーザーは、どこかにいるだろうが、
発信がないと観測できない。


で、発信を続ける、
ヘビーユーザー、
ないし設計者が、
強い人になるのだと思われる。

たとえば親指シフト使用者で、
親指シフトFacebookの運営者の一人でもある、
ぎっちょんさんは、
一家言を沢山ブログに書いている。(いた?)

古参ではあるが、ドンではないよねえ。

勝村和代さんや立花岳志さんは、
シフターとして発信もしてるし、
大東さんは教室までやってたりする。
でもドンと言われるとねえ。


論理配列ブームは、
2000年代初頭あたりだろうか。
月配列系列では沢山いたはずだ。

mikadoさんは沢山設計していた。
Uジローさんは名作月配列Uをつくった。
でもドンじゃないよなあ。

親指シフトを改良する流れでは、
飛鳥のRayさんと、シン蜂蜜小梅の141Fさんが、
二巨頭か。
ドンの貫禄はありそうだが、ドン?

新下駄のkouyさん、月光のtkenさんは、
Twitterでも時々発信を続けている。
ドン…かなあ。


ドンてなんやろ。
影響力?
まあ僕はひたすら配列やらキーボードやらに不満があり、
改良したり考えたことを書いているだけで、
精力的にやってるけど、
影響力があるわけじゃないよなあ。

やっぱドンは、
貫禄があって強そうじゃないとなあ。

親指シフトの神田さんやM式の森田さんは、
鬼籍に入られた。
そんな人がご健在ならば、ドンといってもいいかなあ。


新配列の中で最も普及してるのはなんだろう?
かえうちの内訳では、
親指シフトがトップで新下駄が二番手だったそうだ。
じゃあkouyさんが暫定ドンということで。

配列のすばらしさ、
ご本人のタイパーとしての力、
100万字統計などの研究功績、
そして新下駄以外のものすごいキーバインドと、
ドンに相応しいスペックのような。

tkenさんは色んな配列やキーボードのツイートが多いから、
目端の効くドンのタイプ?

僕は新人なので思いつかないですが、
影のドンなんかもいらっしゃるのでしょうか。

かえであすかのかえでさん、
よだか、かわせみのsemialtさん、
ブリ中トロのmobitanさんも、
たまに発言してらっしゃる。
小川謙三さんは薙刀式改のれんかを日々改良しているし、
時々バズったりしている。
tomisuke、大西配列で行段系が最近盛り返している。

漢直WSをゴリゴリ開発中の岡さん、
紅皿を開発している綾木さんは、
エミュレータというベースづくりという意味で、
ドンに相応しいかもしれない。


僕の知らない2000年代初頭には、
もっともっとたくさんの人がいたはずだけど、
現在発信していない人のことはよくわからないので、
あまりあげられませんでした。

今でも新配列ぜんぜん使ってますよー、
と言う人は、新しく書くこともないだろうけど、
普段の打鍵を是非動画にあげてほしいんだよね。
熟練の動きが見たいんだよなあ。
1分でもそれはわかるし、
是非Twitter動画やYouTubeに定期的に配列動画を。
編集しなくて、手元だけでもよいので…
「おお、滑らかで速く、無駄がない」
の感じを見せれば、qwertyの牙城を崩す材料になるし、
ドンに相応しい?手捌きなんかも見れるし。


タイパーならタイムで競えばいいんだけど、
論理配列は短期的タイムだけが存在意義ではないから、
数値で決めにくい部分がある。
最速がドンなら、いろは坂のめんめんつさんもいるが、
現在休眠中のようだ。

むずかしいぜ、ドン。

別に誰かを支配してるわけじゃないし、
ドン顔かどうかで決めようぜ(笑
posted by おおおかとしひこ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック