2023年01月04日

【薙刀式】Macのemacsバインドがword縦書きだとできないそう

なんだと?
やはりwordの縦書き、バグだらけだのう。
https://scrapbox.io/ta-haruna/薙刀式と_QMK_firmware_の爲の覺書


wordで縦書きは使うな、
くらいの勢いになってるね。

PgUpとDnのバグ(画面半分だけスクロールして、
このページと次のページの半々が表示されるやつ)や、
ページを跨ぐ移動で表示がおかしくなるものについては、
以前も報告した通りだが、
せっかくemacsバインドが、
縦でも横でも使えるように設計されているというのに、
wordには通用しないという、
アホみたいな現象。

いいなあMacはemacsバインドが縦書きでも使えて、
などと思っていた隣の青い芝を、
MSが踏み荒らしている。

おそらく縦書き実装者は、
・縦書きでものを書いたことがない
・emacsバインドを使ったことがない
・バカ
のどれかだろう。


対策としては、wordを使わないのが一番いい。
もっといいエディタを使って、
入稿するときにwordファイルにコピペするのが、
一番精神によいと思う。
まあそれでも表示関係やフォント関係で、
結構な修正が必要だったりして、
おそらくword実装者はそのことも知るまい。

執筆と整形の作業を別にする、
という精神でないと、やってらんない作業になる。
posted by おおおかとしひこ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック