2023年08月29日

【配列】Stenoword打鍵動画

があったので。
https://m.youtube.com/watch?v=ThA_tI1mlek


やっぱ音節ごとの同時打鍵だと、
大体の単語が2アクションくらいに収まるから、
英語のステノは効率がいいなあ。

単語を間違えたとしても、
シフト+コントロール+←で単語選択できるから、
これをレイヤーに入れときゃかなり便利だと思うんだよね。


日本語の一文節はこれより長いから、
「意味の一単位」をひといきに、
はかなり難しいと思う。
仮に漢直が使えたとしても、
この感覚にまではならないだろう。

ステノによる創作文どこかにないかしら。
こんな風に文字を書いていくのは、
chara chorderでしか見たことがない。

創作文って向こうでなんていうんだ?
「タイピングゲーム以外のふつうの文章」のことなんだが…
posted by おおおかとしひこ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック