2023年09月03日

【薙刀式】「ん」はカナなのか、記号なのか

「ん」ってよくわからんよね。
50音表でも本来51番目の音扱いなのよね。

なので、「っ」「ー」「、」「。」と同様、
記号扱いしてもいいのかもしれない。


平安の万葉がなには「ん」がなく、
室町期から「ん」が現れたようだ。

「ん」に関するwikipedia:
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%93
に詳しい。

おそらく、
「ん」の使われようとして、
撥音便がかなりの割合を占めるのではないかなあ。
ならない→なんない
みたいな。
なに→なん
もよく使うだろうし。

勿論熟語内の、漢字二音目としての「ん」も、
かなりありそうだね。

僕がよく使うなあという印象は指示代名詞で、
あんな、こんな、そんな、どんな
あたりは結構な頻度がある気がする。


「っ」の有名な法則は、
かきくけこ、がぎぐげご、
さしすせそ、ざじずぜぞ、
たちつてと、だぢづでど、
はひふへほ、ばびぶべぼ、ぱぴぷぺぽ
の前にしかつかないこと。
ローマ字配列だとkgsztdhbpなので、
かなり気にする部分。

とくによく使うのは「って」「っと」「った」
だから、この3音へのつながりは特に気にするポイント。

だけど「ん」はあんまり法則性がなく、
なんにでもくっつく気がするなあ。

あと、
文法的には「をん」「んを」の連接はないはず。
音写や感情表現としてあり得るが、
意味的には繋がらない。


なので、
「ん」はカナというより記号として扱ったほうが、
配列がスッキリするかも知れない。

TRON、親指シフトでは、
どちらも;位置にあり、
カナじゃないですよ、記号的に使いますよ、
的な無意識を読み取ることができるが、
さすがにトップ3頻度のものを、
小指には預けられないと思う。

シフターの人、右小指痛くならんのかね。
BSもあるしエンターもあるし、「、」もあるし、
右小指酷使しすぎでしょ。

「ん」は最も使う記号。
「、」「。」より使う記号。
「っ」はその次くらい。
「ー」は頻度は低いがカタカナ語で最頻出。
どれも特異的連接をもつ。

こんな風に考えると、「記号配置」として、
どうする?
みたいに配列をとらえなおせるかもね。
ついでに、?!「」…・とかも含めて考えてもいいかもだ。


あと上記のwikipediaには、
「ん」は7種類の音にわけられるそうだ。
7つもあり得る音を1記号で表してるって、
かなりヤベエカナ(記号)なんだな。

こうした「日本語としての特徴」を議論して、
それを指の直感に合わせてる配列って、
あんまり聞かないなあ。

新下駄が統計第一主義で頂点を取ったから、
統計的な配置ばかりがメインになったのかな。
それもひとつの合理だけど、
違う合理があってもいいよね。

飛鳥はその意味的配置の先駆なんだけど、
やっぱり紐解くには難しすぎる…


いまだに解せないのは、
新JISのU位置の「ん」だ。
女子大生にテストさせたのはいいけど、
実際作者は使ってないんじゃない?
そこに「ん」があるのは直感に反するし、
使いづらいと思うんだけどなー。

月配列も同様で、
この「ん」を批判する人っていたのかなあ。
リアルタイムじゃないので知らないが。

下駄配列は出発点が月U9だったから、
U位置の「ん」を踏襲していて、
それは作者のkouyさんもイマイチでは、と考えていたようだ。
(僕が使ったときも不満だった)
だから新下駄では、「いうん」から設計をはじめている。

統計合理ではそのF位置が相応しいが、
薙刀式では、
「二番目以降にしか来ないので、
連接重視の位置にするべき」
「右人差し指ではなく右中指で打つ直感
(二番目だから?)」
を生かした場所になってるわけだな。


うーむ、こうした「ん」に関する議論をして、
「ここしかない」と「ん」を決めた配列は、
ほとんどないのではないか。
深いぞ、「ん」。

理系の悪い癖として、
「そんなの一切飛ばして、
実用的統計を守れれば合理!」
という工学的解決だったんだろうなー。

それに直感的に「ちがうぞ」
と思ったRayさんが、「文系は」と自称して、
反論してたのかも知れない。
文系理系とセクト化せずに、
うまく議論できればよかったのにねえ。


というわけで薙刀式の「ん」は,位置。
MKで「ない」のアルペジオが打てて、
M,で「なん」のアルペジオになります。
いい位置だと思うんよね。
意識としては記号っぽい位置よね。
posted by おおおかとしひこ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック