2023年12月30日

【薙刀式】まだ私家版をうろうろ中…

v15は最も完成度が高いけど、
まだS裏「め」が頻度が高い気がする。
それが唯一の問題点かな。


シフトカナのみ。
議題になるところだけ示す。

v15
・ぬ・ね・ ・・・・・
・め・・・ ・・・・・
・・・・み ・・・・・

v15からのみめ入替版
・ぬ・ね・ ・・・・・
・み・・・ ・・・・・
・・・・め ・・・・・
「み」はこれでいいが、B裏「め」がしんどい。

Wめ版
・め・ね・ ・・・・・
・み・・・ ・・・・・
・・・・ぬ ・・・・・
まさかの左薬指の負荷増。
しかしB裏がめっちゃ楽。

S裏の「め」よりも運指関係がスムーズ
(「めて」など)なので、
負荷的にはむしろ減ったように思える。

しかしやっぱ無理かなーと思い、

Bね版
・ぬ・め・ ・・・・・
・み・・・ ・・・・・
・・・・ね ・・・・・

を現在試している。
「み」と「め」はここがベストかな。
「ね」がここで耐えられるなら、
一番いいかも?

同じところでぐるぐる回っている気がする。
いっそ4×3×2=24通り試せば満足するのだろうか…


試しに最後の版で3000字書いてみると、
「ね」は1回、「め」は2回しか出なかった。
書く内容にもよるんだろうけど、
影響がほとんどなくて検証しきれない。
じゃあどっちでもいい説はある。

統計的な考えでは「ね」を無視して、
「め」「み」を優先させるべき。
だが口語体では「ね」は頻出する。
まだ評価基準が定まらぬ…
posted by おおおかとしひこ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック