2023年12月29日

【薙刀式】カナ配列の直接日本語を書いてる感

Twitterから。
> 新下駄配列からローマ字入力に移行というか戻した結果、打ちたい日本語をローマ字列に治す脳内コストが増えた気がする。もちろん慣れもあるだろうけど、個人的にはかな入力の方が脳に直接感あったな

親指シフト→qwertyローマ字で、
脳内ローマ字変換の手間がうぜえという話と、
qwertyローマ字一択派の、
そんなものはない、という話のすれ違い。
一旦カナ配列を使うとね、この感覚があるんですわ。

それくらい、カナ配列はローマ字よりうざくない。
逆に、ローマ字って日本語にとってうざいのさ。
ローマ字しか知らない人は、それを知らないだけ。

この現象が新下駄でも起こるのは理解できる。
本質は、日本語を直接書いてる感覚だろう。
posted by おおおかとしひこ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック