2024年01月25日

【自キ】吸音スポンジが振動も止める?

打鍵感を改造してるときに、
ちょっと筐体内で響いてうるせえなあと思ったので、
EVAや発泡ゴムなどを筐体内に貼り、
吸音効果をやってみた。

…あれ?音だけでなく、打鍵感も良くなったんですけど?


ポロンなどのスポンジをPCB裏に仕込む行為は、
一般的に音を静音化するためのテクニックだ。

筐体内の空間で起こる定常波(楽器的な共振)を止め、
スポンジ内に吸音する効果がある。

特に有効なのは高周波で、
スポンジの発泡の径と同じ周波数を吸音するわけだ。
結果、
いわゆるthock、低音になる。

で、
僕はスポンジ系MODは音のみに効果があると思ってたのだが、
どうやら打鍵感、指に感じる振動にも効果があるようだ。

すなわち、指に感じる高周波ノイズ、
筐体の共振などから発生しているビビリ感が、
減った気がするんだよね。


スポンジが吸音して、
振動のエネルギーが実質減ったってこと?
それを指で感じられるレベルなの?

原理はよく分からないが、
打鍵感がよりクリアになる。
打鍵音はもっと甲高い方が好みではあるが、
高周波を手で感じたくないので、
このあたりが塩梅か。


(追記)
たとえば甲高い音が出たときに、
キーキャップなりなにかが共鳴して振動する、
ってことがあるかもしれない。
甲高い方の周波数が落とされたことで、
その共鳴がなくなった説。
posted by おおおかとしひこ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック