2024年06月09日

【薙刀式】歌の打鍵動画

なんて珍しいものが。
https://x.com/sh80645614/status/1799714563962904673
この速度なら楽勝、といったところか。

拗音や繋ぎの言葉で加速してるのが分かりやすいかな。
僕もエア打鍵してみて初見でもいけた。

一方「ねぇ」「あぁ」で詰まった。
普段打ってない小書きはキツイなー。
あと、「なはれ」は「ぱれ」に化けそう。
「しなはれ」などの関西弁は統計に入れてないので、
若干のビハインドがありそうだ。

「おにの」「もの」などの連続シフトも決まりやすいし、
曲もそんなに速くないし、練習によいのでは。
posted by おおおかとしひこ at 17:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つい最近自作キーボードを作ってからタイピングも楽しくなってきたのでアップロードしてみました。タイピング熱が冷めやらぬうちに新しい薙刀式も練習してみようと思います。

小書きは慣れてくると段々自然に打てるようになってきましたが、「なはれ」は普段打つ頻度の高い「はなれ」に勝手に指が動いてしまうことが多かったですね。

薙刀式に限らずかな入力での日本語歌詞のタイピングは音に合わせてタイピングできるのでとても気持ちいいです。また時間があったら動画上げてみようと思います
Posted by Zaru_Saru at 2024年06月09日 18:19
>Zaru_Saruさん

歌のタイピングは、
「歌詞を覚えてるから、
目コピではなく頭の中のコピーになり、
普通のコピー打鍵よりも創作に近い」
「エッセイより短くて済む」ため、
初期のうちの練習としては最適かと思います。

動画を見てて間奏の間に休めるし、
負荷が少なくていいなあと感じました。
でも椎名林檎的な難しい言葉が多いのは、
薙刀式は苦手かもなあ…

スイッチやキーキャップも気になりますね…
Posted by おおおかとしひこ at 2024年06月09日 19:00
難しい言葉もそうですが、英単語の入る歌詞はIME切り替えの手間もあってかなり難しいですね(qwertyが遅いのもある)あとは外来語と四字熟語とかですかね。
今度は椎名林檎もタイピングしてみたいですね。

動画でのスイッチはAliで購入したHoly Pandaライクのもの(62g)と、親指クラスタはGateron KS-3 Milky Pro Switch Yellow(50g、リニア)でした。
キーキャップはPBT、チェリープロファイルのGMK DOTSクローンですね。

個人的には動画のスイッチのようなアーリータクタイルが好きなのですが、音と触覚が好きなだけで、これが効率のための最適解だとは正直思っていません。打ちやすさは大岡さんの軽いリニアが一番だと思います。
スイッチはころころ変えて遊んでいるのですが、親指、特に左手のSandS部分は痛くなってくるので必ずリニアにしています。
Posted by Zaru_Saru at 2024年06月09日 22:09
>Zaru_Saruさん

英語の切り替え、外来語あたりは鬼門ですね。
まあ日本語配列だからそのへんは多めに見て…

四字熟語はむしろ得意なほうかと。
熟語は拗音が多くなる傾向があるので。
慣れの問題だと思います。

親指は50gだとまだ重たいかもですね。
リニアより柔らかめのサイレントリニアのほうが、
扱いやすいかもしれないです。
遊舎オリジナルのfairy silent(35g)はわりとおすすめかな。
僕自身はサイレントの擦れ感が好きになれずリニアに戻しましたが。
Posted by おおおかとしひこ at 2024年06月09日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック