2024年07月01日

【薙刀式】物理配列×論理配列

kouyさんのTwitterから。
> 仮に格子配列で新下駄配列を作っていたら違う配列になっていたとは思うけど、現行の新下駄でもロウスタッガードよりは格子配列の方が良いという感触。[T][N][@]遠くなるデメリットはあるけど、他の上下段は全般的に少しずつ近くなる+キーの場所をイメージしやすくなるメリットでお釣りが来る感じ。

なるほど、そのままでもトータルでプラスなんだなあ。


薙刀式はT@は使わないから関係ないとして、
Nは遠くなったかなー、と考えると、
僕個人は「右人差し指なのでなんとかなってる」
とすら思う。Yを薙刀式で使わないのも大きいかも。

だから、
「標準運指の概念モデルそのままで打てる」ことと、
左下、右上以外の、上下隣接キーが近くなったことは、
全体にメリットが大きいと思われる。


ただ、指の長さが異なるから、
さらにコラムスタッガードのほうが良い説もある。

薙刀式の場合はJI、MKのアルペジオが遠くなるが、
新下駄の場合はどうだろう。
頻出の「ょう」がIJアルペジオだから、
それが遠くなるのは確実で、
DKSLがらみの斜めアルペジオの良さも消えるかも知れない。


テント、チルトに関してはどうか。
経験的に6〜10°くらいが人気だが、
左右分割の場合どれくらい離すか、
どれくらいハノ字にするかでも変わってくるので、
永遠にポジションが決まらないんよね、
逆チルトまで考えると選択肢が多すぎる。

僕の場合色々やって、
めんどくさいから3Dに行って、
最終的にシンプルなドームでよいのでは、
に落ち着いてて、チルトテントは0の水平でやっている。

キーキャップのプロファイルでも、
全然指使いは変わってくるしなあ。


というわけで、
物理配列が沼なので、
沼×沼になってしまい、答えは出ないのだ。
隣の沼にスイッチ沼もあるし、
打鍵感沼もあるからね…

これらが「調整できる」とわかってしまったのが自作キーボードだ。
今のところ、
「これだ」という解は見つかっていない。
「完全にしっくりきた」というエンドゲームはなく、
「いくつかのエンドゲームを日々変えることで、
一個に凝り固まるのを防ぐ」のが、
エンドゲームでは、
と朧げながら思われている状態。

というわけで沼は何重にもある。

物理だけで沼なので、
だから皆論理配列まで気が回らない。
むしろ論理配列を固定しないと、
物理が評価できないまである。


とりあえず、
左右分割格子配列×新下駄は良さげなようだ。

僕はコラムスタッガードや、
その他の複雑な物理配列にくらべて、
格子配列がシンプルで最強だと考えているが、
人によって異なるのだろうか。

その辺もサンプル数が豊富というほどでもないのよね…
posted by おおおかとしひこ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック