2021年03月07日

リアルとリアリティの話

毎度毎度出る話だが、短くまとまってたので引用。
http://blog.esuteru.com/archives/9662316.html

僕はSPA!のバカサイの、「こうしてる間にもイケメンはセックスをしている」
というネタが大好きだ。
創作物を作る人も、享受する人も、セックスをしてない側の人だ。
そのリアルをそのまま映して何が面白いのか、っちゅうことやな。

僻みでなく昇華にするところが、
創作物の素晴らしいところだ。
その昇華の道具のひとつにリアリティがあるだけの話。

リアリティは導火線であり、爆弾本体ではない。
「リアルだから面白い」と言ってる人は、導火線を誉めているだけだ。
posted by おおおかとしひこ at 12:38| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ愚衆は発生するのか

個人個人が優秀でも、
日本人って集団になったら急にバカになる現象。
原因は「和をもって尊しとなす」ではないか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:03| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変身願望

フィクションの役目の一つは、
変身願望をかなえることにある。
それは、ほとんどの人が、
「今の私は本当の私ではない」と感じていて、
「もし本当の私を目覚めさせることが出来たら、
どんなにかいいだろう」と思っているからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:08| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

キャラを二つ立てろ

キャラクターメイキングには経験則があって、
「ブラジルの医師」を避けるべきだという話がある。
濃いものを組み合わせてはいけない、
というものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:04| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

引き算のデザインより、論理への愛を

デザイン論なのだが、ものづくり全てに言えることなので引用。
https://mobile.twitter.com/ngmdesign/status/1367068231966494724

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:05| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転調

音楽で常識的なこと。
同じリズム、調子だと飽きられるから転調をする。

音楽と同様、時間軸のメディアであるところの映画が、
気にしないわけがない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:03| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

究極の二択を用意するのだ

たとえば、
「ここでAを選べば身分の保証があり、一生心配せずに暮らせるが、
権力の犬になり、他人を罰し続ける人生。
Bを選べばどうなるか不安しかないが、少なくとも自分の心は自由でいられる人生」
などのようにだ。

一生を賭けた選択をさせる。
そして十年後、Aを選んだ男と、Bを選んだ男が対決する。
それがストーリーというものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:02| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

常にピンチ

ストーリーというのはこうでなければならない。
一難去ってまた一難でもいい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:02| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

記憶の圧縮

物語を全部覚えることはできない。
場面場面の記憶、ごく一部の記憶に圧縮される。
それらを思い出す手がかりとなり、
(覚えていれば)そこから展開できる。

有名コピペを一言で圧縮している様が面白い。
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5754663.html?ref=category130700_article_footer5_slider_&id=4405013

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:09| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分が微妙だと思ってる所は、観客も微妙だと思っている

バレてないと思ってはいけない。
目利きにはバレてる。
目利きでなくとも違和感は感じる。
味音痴でもなんか変だとわかるものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:15| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

もしそのキャラとそのキャラが入れ替わってたら?

キャラ入れ替わりの二次創作、海外でもあるのか…
https://mobile.twitter.com/MoldyArtichoke/status/1362830874518183939

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:27| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

設定は、噛み合わせる為にある

話が進まなくなったら、設定を利用して噛み合わせるのだ。
逆にいうと、噛み合わない設定なら、
噛み合わせるように変更するのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:21| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

取材の重要さ

巨人たちの名言が残っているので、以下引用。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:22| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終わった後から始める

何も、
「起こる前からはじめ、起こる瞬間を書き、
終わった後まで書く」
ことだけが正義ではない。

「終わった後から始める」のは、
感情のピークをそちらに持ってくる方法だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:24| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

方向音痴の名言まとめが面白い

男は地図が読めて女は読めないとよく言われる。

地図を基準として絶対座標で自分と周囲を管理しているか、
自分を基準として相対座標で周囲を管理しているかの違いだ。
前者は東西南北が基準で、後者は右と左である。

前者は通りや町の構造を抽象化して目印にするから、
風景によらずに(昼夜、天気、季節、道の構造が変わってなければ100年後すら)道をゆく。
後者は目に見える風景を写真的に記憶して目印にするから、
ちょっと変わるともう分からなくなる。

分からない人は分かる人の感覚が分からない。
「鳥か?」というツッコミは大変面白かった。

分かる人は分からない人を助けるしかなくて、
それはノーブレスオブリージュとしてやってるだけやで。
posted by おおおかとしひこ at 23:30| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない: コンテの内容が頭に入らない

紙ベースでずっとやってきたからだろうか。
書き込んで理解したからだろうか。

どんなに画面を見ても、そのストーリーが体に入ってこない。
リモート打ち合わせは何も体で理解できない。

サブウーハーのように体に効いてるものが、
リモート打ち合わせにはついてこない。

やべえ。一時間前のコンテをもう忘れてる。
PC開かないと何も思い出せない。
紙なら白紙に書き出すことができたのに。

VR空間と現実が分断され始めてる。
デジタル化推進ってさ、
VR空間に意識を切り離すこと?

そんなの天国行ってからやればいいじゃんね。
posted by おおおかとしひこ at 21:45| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲートを突破する

どの段階でも使える展開のネタ。
どこか目的地へ行く必要がある、
しかしそこにはゲートがあり、
それを突破しないと先に進めない、
というものをつくるとよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:52| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

構成を練るとはどういうことだろう

三幕構成理論は、どんな物語でも共通の構成しか語っていない。
30分でセットアップして、
60分で展開して、
30分クライマックスと結末を書け、
ということと、一幕と二幕のお尻に、
次への期待をさせる大きなターニングポイントを書き、
センタークエスチョンを提示せよ、
と、煎じ詰めればこれだけしか言っていない。

それ以外の構成とはどのようなものがあるだろう?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:14| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

部屋のレイアウトを決めることすら出来ないくせに

「要件定義、部屋のレイアウトすら決められないやつらが、
寄ってたかって出来るわけがない」
と言う意味のツイートを見て膝を打った。

複雑なパズル、一回完成形をつくる労苦。
完成形を崩して台無しになっていく虚無感。

仕事を発注されたら、
一日かけて「みんなで部屋のレイアウトを決める」を、
シミュレーションとしてやってみることは、
お互いの労働を目に見える体験とできるかも知れないですね。
posted by おおおかとしひこ at 13:34| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学生が考えた漫画かよ!(「フライング・ジャット」評)

だがそれがいい!

正直前半はキツい。
しかし後半から尻上がりに盛り上がる。
少年ジャンプ一年分読んだかのような、
インド映画流マーベルヒーローを特濃で頂け!

ネタバレなしで。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 03:25| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好奇心

全く知らない人の全く知らない世界は、
好奇心を引っ張れるだろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

同調効果

日本で天気の話から入る理由は、
同調効果を狙うためである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:33| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

おじさんとおばさんの中には少年少女がいる

これは大人になって分かったこと。
ただよくある、
おじさんの中に少年がいて、
おばさんの中に少女がいる、
という話とは逆の話をする。

おじさんの中に少女がいて、
おばさんの中に少年がいる、
という話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:15| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

「職人を買い叩くな」というのは江戸時代からの知恵だった

現代は江戸時代から進歩しているか?
と問われれば、多くの人はイエスと言うだろうか。
僕は、一部についてはノーだと断言する。
https://mobile.twitter.com/DangInterceptor/status/1363314334860910593

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:03| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

語り手の動機

普段は登場人物の動機の話をしているが、
もっとメタで大枠の話をしてみる。

巷に溢れる色んな話を、その語り手は何故語りたいのか?
そしてあなたは、何故その話を語りたいのか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:11| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

構成とその他のものの分離

構成をしよう。プロットとは何が違う?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:17| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

デジタルは人を幸せにしない: デジタルに群がる者の脆弱

トイレの個室が空いてることをアナログで解決した賢い方法。
少し前に広まり、ようやく身近でも見るようになってきたようだ。
https://mobile.twitter.com/kinohshi/status/1362334726598483968

興味深いのはレスにある、
これをデジタルで管理しようとした阿呆なケースがあったこと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:52| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対義語2

前記事の続き。
その対義語の組みを、3(以上)に拡張できるか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:54| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

対義語

色んな対義語を書き出してみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:28| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

遊郭編を、どういう形で出せばよいか

やるんかいTVで鬼滅の遊郭編。
現時点で深夜枠のままなのか、
フジテレビゴールデン枠なのか情報が入っていない。

だが金の卵を逃すわけにはいかないから、
TVでやる、ことまでは決まったようだ。

案の定エセフェミたちが騒ぎ始めた。
以下のような議論があろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:29| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする