2018年04月28日

【告知】脚本添削スペシャル2018募集中【4/27(金)締切】

今年もやります、脚本添削スペシャル。
以下、要項。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

プロの現場から5: メアリースー退治

メアリースーの原因は、「自分」を描いてしまうことにある。
だから僕は、
「自分を描いてはいけない」と口酸っぱく言っている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:20| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

プロの現場から4: 骨格とメアリースー

今回の大枠は、
「オリンピックを見た人々のドラマ」ということである。
(オリンピックで起きたことはいろいろあり、
どのネタを使うか、どういう人々にどう使うかで、
バリエーションがあり得る)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

プロの現場から3: 音楽というガワ

出来上がったものから、
ガワのベールをはいでいこうシリーズ。
今回は音楽について。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:34| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

プロの現場から2: ガワと中身

この記事から常体に戻す。

これまで僕は、ガワと中身のことについて、
色々と言及してきた。
「なにがガワで、何が中身なのか」
についていい例ができたと思ったので、
今回具体的に取りあげるわけだ。

「できあがったものから、どんどんベールをはいでいこう」
という趣向でお楽しみください。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:10| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

プロの現場から1: 人間の物語を描くとはどういうことか

今年もNHKでちょっとつくりました。
公共放送だから公共性があるし、
普段は公開しないコンテとか公開してもいいよね、
という解釈で、
いろいろ解説していこうと思います。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:06| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

オープニングはどこまでか

最初〜主人公が最初の行動をするまで。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

歌謡曲を殺したのはサビアタマ

サビアタマは、サビから入るタイプの楽曲のこと。

Aメロ、Bメロ、サビの構造だと、
サビに来るまで時間がかかるから、
サビから始めてしまえという短絡の発想だ。

これはストーリー論から、
ストーリーを壊したのだ、といえよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:43| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本気の魅力

今年に入って、立て続けにインド映画の最高傑作クラスを見ている。
言うまでもなく「バーフバリ(後編)」「ダンガル」だ。
「きっとうまくいく」「ムトゥ踊るマハラジャ」
もそこに加え、インド映画4大傑作ということにしよう。

もしインド映画未体験の方がいたら、
この4本を一気見することをお勧めする。
出来るだけ大音量で、映画館の音響がベスト。
以下未体験の方にも分かるようにネタバレなしで書きたい。


なぜこんなにもインド映画は面白いのか?
ハリウッドや日本映画が失った、
原始性はどこからくるのか?
僕は、「本気」がキーワードになると思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:35| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

困ってなければ、人は変わろうとしない

ストーリーとは変化である。
主人公やその他の人々が、内面的に変わることこそ、
ストーリーの結果であり、その価値だ。

それは頭では分かったとして、
なぜそのように書けないのか?

それは、「人は簡単には変わろうとしない」からだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:22| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする