2019年09月18日

疑心暗鬼

ときどき囚われる。
これでいいのかと。
この頻度は、作者のほうが、観客より多いということに気づこう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:36| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「はじめの一歩」舞台化?!

ちょっとびっくりした。
ビジネスの枠組みの話をする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:42| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主人公は馬鹿ではないし、敵も馬鹿ではない

プロットを組むとき、実際の執筆のとき、
ついやってしまうこと。

「いやいやそんなことに気づかずに、
そんなことする?」ってやつ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:42| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

点とスプレッド

「奇妙なサーカス団」を描写してみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:56| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対比をうまく使え

完全なる闇よりも、
闇の中にぽっと灯りがついたほうが、
そこが闇であることがわかる。

完全な白よりも、
小さな汚れや瑕疵があるほうが、
白の貴重さがわかってくる。

コントラストを強め、
意味をはっきりさせていくには、
Aばかり描くのではなく、真反対のBを入れる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

物語で思想は変えられるか

人は感動や人生に影響を受けるほどの何かを求めているが、
強制的な押し付けは求めていない。

自ら変わるのは心地よいが、
誰かに変えられるのは不快だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:02| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

欠点の改修が、長所を削ぐ時

欠点ばかり直そうとしていると、
結局何にもならなくなることはよくある。

欠点は長所と表裏一体のときがあり、
欠点を覆い隠すと、
長所の伸びがなくなることも多い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:53| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

◯と★のバランス

前記事の続き。
あらゆる要素を、
◯(誰もが分かりやすいが、7しか心に刺さらないもの)と、
★(一部の人にしか刺さらないが、その人には10刺さる)
にわけて考えたとして、
それらのバランス感覚があるとよい。

たとえば。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:33| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受けた要素だけ集めれば最強の布陣になるんじゃね?

これは一見ただしいように見えるが、
素人の間違いである。
実例で考察しよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

サブタイトルは、ツカミであり結論である

このようにブロックのサブタイをつけてみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:09| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラストシーンは、結論が出てからの冷まし期間

だと僕は考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:16| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

ムービーとスチルの違い

http://jin115.com/archives/52269294.html
こういうパワポを作る人がいるよね。
霞が関言語だという説もある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:29| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣くと感動は違うのか

感動して泣くことは分る。
それ以外でも泣くことはある。
可愛そうで泣いたりする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:04| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

複数の作品を書くメリット

「俺、毎回こんなのをこう処理してんなあ」
に気づくこと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんな面白そうなものかと最初は期待したのに、何にもならなかった作品

これらの屍の山を見て、何がどうダメだったか、
反省しよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:53| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

配給サイド、製作サイド、監督、観客の目的が交わらない

それぞれを列挙してみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:40| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博覧強記

上手くなるコツが唯一あるとすれば、
たくさん見てたくさん書くことしかないと、
僕は考えている。

それを昔から4文字熟語で博覧強記という。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:32| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

メタフィクション(「ドラゴンクエスト/ユアストーリー」評8)

「はてしない物語」も、
映画版「ドラゴンクエスト/ユアストーリー」も、
ジャンルはファンタジーではない。
メタフィクションというジャンルだと言って良い。

この二本をファンタジーに分類する奴はばかだ。
内容をよく理解せず、
剣や魔法や怪物が出てくるガワだけでジャンルを理解している。

以下ネタバレで比較論をしてみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:18| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

奇譚

前記事のつづき。

「設定だけは面白そうだが、
ストーリーとしては微妙」というジャンルは、
「奇譚」と呼ばれることが多いように思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:05| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ面白そうな設定は、面白い物語にはならないのか

ならない、と100%言い切るわけではないが、
殆どの「面白そうな設定」は、
面白い物語と相関がないと考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:21| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百の物語論を読むよりこれを読め(「はてしない物語」書評)

物語は、読まれる時を待っている。
僕が中学でも大学生でも監督になっても読まなかった物語が、
僕が読むべき歳になるまで待っていてくれたということか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:16| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

キャラクターとテーマの関係

テーマとキャラクターが関係ないのなら、
それはただのキャラ設定でしかなく、
ストーリーと関係ないゴミ設定、と断言する。

テーマはキャラと密接に関係する。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:41| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラクターを立てる方法

キャラクター設定で立てるのだろうか?

それは間違い。
「物事の解決の仕方」で立てるべきだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:26| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

テーマ、キャラクター、ストーリー

何が最も重要か?

簡単に答えられるだろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:22| Comment(7) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

最後まで書けないのは、冒頭を最初に書くから

パラドックスかいな。
最初を書かなくてどうやって最後まで書くというのだ。

これは、プロットと執筆を別工程だと考えていないと理解出来ない。
結論から言うと、
プロットを最後まで書いてから、
初めて冒頭を執筆するのがよい。
殆どの人は我慢できなくて、先に冒頭を執筆してしまう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:38| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

まず三行でストーリーを書け

どうしても最後まで書けない人。
参考までに。

まず三行でストーリーを書け。
一行目に、「主人公Aが」と書き、
二行目に、「Bする。」と書き、
三行目に、「おしまい。」と書いてみよ。
実質二行だぞ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:11| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

どうやったら最後まで書けるんだ?

ものすごく初心者向けに書いてみる。

最後まで作ってから書けば、最後まで書ける。

同語反復だろうか。そうではない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:26| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

所詮これはどういう話だったか

反芻の間にすること。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

コントラストをあげよう

書き終えてから反芻する間にすること。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:29| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試しに書いてみる

これはとても大事なことだ。
手書きでいいからバーッと書いてみるのはとても大事。

「頭の中で想像していたことと、
現実に自分が書ける差」が分かるからである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:38| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする