2017年10月23日

ケンカと仲直り

ケンカを描こう。それはコンフリクトであり、
ストーリーの本質だ。

それよりも難しいのは、仲直りだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:49| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

リライトは何故難しいのか

私たちのものごとの整理の仕方が、
リライトに向いていないからでは、
と考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:32| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

【風魔】風小次と風魔2

たぶんローディストだったかどうかで、
風小次派と風魔派に別れる説。

中二のとき、北斗のためにローディストだったので、
僕は風小次派。ジャンプ連載当時は風魔って言ってたかも。
で、原作(聖典)を風小次と呼び、
アニメも風小次と呼び、
ドラマは風魔と呼ぶ派。

ドラマスタッフで風小次と呼ぶのは僕と橋内Pだけで、
3話くらいからそれも駆逐されたかな。
それは、ドラマの独自性が見えた頃と一致してると思います。

ファンロード復活するってどっかで見て追跡してない。
シュミ特の最初が愛川欽也かどうかだけが気になる。
(同世代の一部にしか分からない話ですいません。
でもそんな人達にも刺さるように作ったつもりだ)
posted by おおおかとしひこ at 16:10| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発散思考と収束思考と、作品作りの段取り

思考には二種類ある。
発散思考と収束思考だ。

これと、作品作りの段取りのタイミングがあっていないとき、
不幸が起こるのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:08| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

アイデア

ほぼ日の糸井さんの言葉は、わりとほぼ毎日見てたりする。
今日のは感動した。
引用する。

親父ばかりの会議に芦田愛菜が入ってくるのがアイディア。


芦田愛菜は単なる無垢な子供の象徴なのか、
人生二周目とも言われる落ち着いた地平からの子供目線のことなのか、
全体からは推測できない。
僕は後者だと思うけど。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:48| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乱暴な男女論:男は批判で、女は誉めで饒舌になる

適当な男女論をします。
男女の違いの書き分けの参考にでもどうぞ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:07| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

アイデアの強弱のバランス

一本の作品を作り上げるには、
多くのアイデアが必要だ。
そしてそのアイデア自体には、
出来不出来がある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:04| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

切り返した時、何をしている?

芝居の基本は切り返しである。
Aが何かする(言う)と、
それにBが何かする(言う)。
リアクションだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

その時その人物は小道具を持っているか

実際のところ、
持っている小道具(持ち道具)にまで、
配慮して脚本を書くことは難しい。
しかし小道具は芝居の基礎である、
ということも知っておくといい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:14| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

アウトロー2

アウトローの結末は3つしかない。
1. ローになる
2. アウトローのまま死ぬ
3. 別のアウトローに変貌

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:04| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする