2017年07月08日

費用対効果を考えると、エンターテイメントは終わる

ネットで見た名もなき人の意見。
いい言葉だ。

逆に言うと、
エンターテイメントとは、
費用対効果を考えずにぶっこんだ中にしかない。
大いなる無駄のことを、娯楽というのだ。

どういう無駄をする?
今なにが面白い無駄?
これが企画である。
posted by おおおかとしひこ at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図と地

カメラで撮るのが下手な人にアドバイス。
「人間は対象物(被写体)を見ているとき、背景は見ていない。
一方カメラは、被写体も背景も同様に写る。
したがってカメラで撮るときは、
被写体だけを見ているのではなく、
背景も同時にチェックして、
被写体と背景を同時にフレーム内で見てOKか見ること」

これの失敗のひとつが、
「その場にいなかったはずのものが背景に写り混んでいる、
心霊写真」だ。
被写体しか見てなかったので、背景など見ていなかったのだ。

つまり、人は、カメラにはできない、
図を地から分離する能力がある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

屁理屈はなんにでもつく

とあるリメイク企画で聞いた話。
「かつて大ヒットしたこの企画なら、
今の技術でやれば最高のものができます!」
というのが説得の基本にあると思う。
それに対して、
「昔の企画だから古くて売れないのでは?」
と断ることがあるらしい。

新作を持ってったらヒットするかどうか未知数、
過去ヒットのリメイクを持ってったら過去のものと言われる。
どないせえっちゅうねん。

つまり、人は断るのが基本なんだと思うといい。
プレゼンとは、断る人を、首に縦に振らせること。
人に変化を及ぼすことが営業であり、
人の言うことをなにもできないくせにもって帰ってくるのは営業とは言わない。
posted by おおおかとしひこ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

あなたは誰からも理解されないし、好かれない

創作のひとつの目的は、
誰かにわかってほしいこと、理解されたいこと、
好かれたいこと、尊敬してほしいこと、
などの隠れた欲望だ。

大体リア充は創作などしない。
そうでない人が、膨大な孤独の時間をつかう。
しかし覚えてほしいことは、
その隠れた目的は、満たされないと覚悟するべきだということ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

実際の文字数を体験しておく

二時間の脚本を、一度も書いたことのない人にオススメする練習法。

それは、どこかで仕入れた二時間の脚本を、
手で写したり、文字打ちしてみること。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ一行でわかるログラインを書くのか2

前回の議論を乱暴に要約すると、
「読まない人に読んでない状態で分析させるため」
ということになるわけである。

そんな馬鹿な。でもサマリーってそういうことかもしれない。
私たちとそうでない人の間の唯一の架け橋が、
その一行だということだ。

一方、私たちにとってのログラインをみておこう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

何故一行でわかるログラインを書くのか

わたしの仕事が難しくて理解できない、
バカな上司が判子を押しやすくするため、
と、会社論的に考えてみよう。

ていうか、
実際のハリウッドでのログラインは、
本当にそのために使う。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

弱点の克服には二種類ある

弱い部分が強くなるか、
強い部分で弱点を補完するかである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何を失敗してきたかを理解する

どんな習い事にも通ずるかも知れないけど。

いいとされるメソッドは、
沢山の失敗から編み出されたものだ。
だから、結果だけをマスターしても、
実は意味がない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

部分と全体

部分から作るか、全体から作るか。
これはいつまでたっても我々を悩ます問題で、
しかも正解はない(と思う)。

しかし確実に失敗するやり方は、
沢山経験しておくべきだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする