2017年07月01日

アレンジを加えちゃうタイプ

何かをマスターするときに、
教科書やレシピを守ってきちんと最後までつくる人と、
自分なりにアレンジを加えちゃう人がいる。
僕は後者だ。

で、たぶん、そっちのタイプが、創作に向いてるという話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

オリジナリティーと発明

オリジナリティーを考えれば考えるほど、
わからなくなっていく。
自分のオリジナリティーはなんだろうか。
この作品のオリジナリティーは。
何をすればオリジナリティーになるのか。

こういうときは、何を一個発明しましたか?
と質問されたと思うといい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

展開とはなにか

このことについては、何度も書いている。
しかしまだ展開とはなにか、とらえられた気がしない。
面白そうなことが起こりそう、という前ふりは誰でも出来る。
それが落ちにうまくすとんと来るのは、そのうち半分以下が出来る。
間の展開もちゃんと練られているのは、さらに半分以下だろう。

それほど展開というのは難しい。

今回は、「要素を増やすのは展開ではない」
という視点から考えてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

デジタルは人を幸せにしない: 使い回せないの?

これ最近よく聞く。

デジタルなんだから素材ばらして使い回せないの?って。
音楽、ナレーション、カット。

昔なら、もう一回作るしかないですね、
と更新していた。
だからお金が回り、仕事が発生し、スタッフはごはんを食べられ、
視聴者は新しいものに触れられ、新しいスタッフやキャストが出てきて、
つまりは新陳代謝のスピードが保たれていた。

使い回せないことはない。
新しく作るより安い。
しかし新陳代謝はなく、停止する。
日本は停止している。
使い回せないの?と聞くことで。
posted by おおおかとしひこ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

TATEditorがさらに軽くなる方法

TATEditorがたまに重くて困っていた。
とくに文字がたくさんあるとき、ウィンドウの後半部分にいるとき、
結構重くなって、スクロールして表示文字を少なくして対処していた。
で、ネットをさまよっていたら、作者さんのコメント発見。

> 表示メニュー>「シンタックスハイライトの設定」で一番上の「Applying editing to the entry」を「Remove this entry」に変更してApplyをクリックを何回か繰り返して再起動すると軽くなると思います。

これやったら、劇的に軽くなった。最高。

エディタの軽重は、思考の伝達に致命的な問題をもたらす。
衛星中継の、0.5秒遅れるだけで会話がイライラするあの感じ。
あんなになっては意味がない。
逆に、私たちはミリ秒単位で、思考して表現しているのだなあ。

今のところワードを首にし、メイン原稿用紙として重宝している。
posted by おおおかとしひこ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

考え慣れすると、出来るようになること2

それが平凡なアイデアか、レアなアイデアかを、
分かるようになる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

考え慣れすると、出来るようになること

別解を出せるようになる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

段ボール二杯ぶん書け

僕はスパルタ主義である。
そもそもアイデアが湧いて出てこないような人は、
プロとして使い物にならない。
コンスタントにそこそこ面白くて、
時々ホームランをかっ飛ばさなきゃならない。

それよりも何よりも、沢山の失敗を経験してるかどうかが、
この記事の趣旨だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

ダラダラの反対は、白熱

話がダラダラしたり、トーンダウンすることがある。
多少は緩急つけるためだから良いとして、
トーンダウンのままずるずる行ってしまい、
どうやればいいか分からなくなるときがある。

白熱を、どうやって取り戻すのか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共感の敵

共感の敵は、共感しないことだ。
だから問題だ。
共感する人としない人を二つに一瞬で分ける。
これが争いの原因だ。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする