2015年09月10日

【風魔】常総市、心配です

さっきニュースを見てびっくりしました。
民家の一階が完全に水没してる映像と、空撮の広い絵しか見れてないので、
まだ全貌を把握してませんが…。

鬼怒川氾濫の現場、茨城常総市といえば風魔のロケ地ではないですか。

柳生屋敷のあの門も、庭も、縁側も、竹林も、風林火山の蔵も、井戸も、
絵里奈が孤独を見つめた病院も、
姫子と小次郎がデートの約束をしたり、蘭子が告白したり小次郎がキスした、
白凰学院のあの中庭も、
美術部の展覧会の会場も、シンクロのプールも、
エンディングでわちゃわちゃしたあの教室も、合成素材を撮影した体育館も、
全部沈んだというのか?

だとすると悲しすぎる。復旧、出来るのだろうか。

空撮で見る限り、もうすぐ収穫だろう田んぼは全滅に見えたけど。
常総市すべてが沈んだのではないだろうし、
海抜の低い所だけがニュースになったのかも知れないけど。

心配です。常総市のみなさん、とにかく生き延びてください。
posted by おおおかとしひこ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

【風魔】涙出た

風魔パロネタ情報が回ってきたので見てみました。
「銀魂」の世代ではないので、読んだことも見たことないけど。
(直リン貼るのはアレなので、ニコ動で
風○の小次郎再現PV「銀魂ロケット」
あたりで検索すれば出てくるかと)

あまりにすばらしいので、涙出てきた。
俺こんなところで続編つくらなくて何やってるんだろうと、悔しくなったよ。
こんなに愛してくれた人が世の中にいるのに。

(俺だってプロだからどれだけこれを作るのが大変か、それぐらいはわかる。
背景と3Dのモデリングデータが既存で、仮に踊りとカット割が自動生成だとしてもだ)
「銀魂」知ってたらもっと楽しめたのに、残念至極。

なんかがんばる。
本筋は銀魂イベントなんだろうけど、力もらいました。ありがとう。
888888888888888
(厳密には佐野ってる訳だが、
これだけの出来に昇華するのなら佐野ってるとは言わん!)
posted by おおおかとしひこ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

【風魔】【追悼】うえだひでひと監督

たった今、うえだひでひと監督が亡くなったことを知りました。
OVA版「風魔の小次郎」の監督です。
なんの面識もないですけど、風魔つながりでちょっと凹んでます。
一方的に、同じ釜の飯を食ったような親近感を持っていました。

OVA版を見たのはVHSレンタルだったと思います。
勿論、ドラマ版をやるに当たって聖剣編までは全部見ました。
林を走るときの表現が好きで、真似したものです。
勿論実写じゃ無理な表現でねえ。
サスケ外伝とか幻魔大戦に似た演出があったかも、と改めて思います。

wikiを見たら、ほんとうに色んな作品に携わっていた大先輩で、
ドテラマンより前まで、全部僕はリアタイで見てたくちです。

才能がひとつ星になるたびに、心が痛みます。

まさかガッチャマン2の羽手裏剣と、項羽の青い羽が同じ演出家だとは。
風魔のときはさぞ楽しんでやられたことでしょう。
おつかれさまでした。
赤羽でも影羽でもコンドルの羽でも、自在に飛ばしてください。
天国で、実写版の感想を聞くのを楽しみにしています。
posted by おおおかとしひこ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

【#実写化して成功した作品】でなにやら盛り上がっているようですね。

今日は急に風魔監督メモのアクセスがはねあがってて、
大体こういうときはツイッターで何かあるときだぞ、
と探ってみたところ、
このハッシュタグが世間で盛り上がっている模様。

我らが風魔ファンが果敢に呟いてくれてますが、
圧倒的な他の数に埋もれてますなあ。
(200ツイートに1回あればいいぐらいか)
やはりマイナー枠の辛いところ、物量差に凹みますわ。
監督って、出来の良さまでしかコントロール出来ないからね。
その先の、皆の目に触れるかどうかは別の人の仕事だものね。
「あの枠にしては」って枕詞がつくのはしょうがないけど、
今でも傑作をつくったつもりです。

ほんと色んな人に見てほしいものです。
posted by おおおかとしひこ at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

兜丸について思い出したこと

原作でも目立たなかった、劉鵬、兜丸、琳彪の扱いについては、
正直困っていた。

劉鵬を伴宙太的な、竜魔の女房役にすることで、
みんなのおかんにする、ということは、
劉鵬が生き残り組であることからすぐ出てきた。

琳彪は出てすぐ死ぬことは決まっていたから、
どれだけ印象深い殺陣を作れるかが勝負だ。
(不知火と同じ)
問題は麗羅とのバリューセット扱いの兜丸だ。
(髪の毛を赤くしたのも、外見でキャラをつくるししかなかったから)

突然思い出したので書き残しておく。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

【風魔】弱ペダのスタッフに山さん発見。

昨日から風魔ファン(キャストファン?)たちが沢山来ております。
いらっしゃいませ。
ユリイカ2.5次元で鈴木拡樹が特集されたり、
なんだか盛り上がってるなあ、
と気になって弱ペダWikiってみたら、
東宝サイドに山中さんの名前発見。

風魔のイベントの司会などをやってもらった、
山さんですよ!
その後の腐女子ビジネス、見事に成功させたんですねえ。
村井鈴木が呼ばれるわけだねこりゃ。

勿論実写映画化で、俺が呼ばれるんだよね?よね?
さあ皆さん、俺がやりたいと言ってる、
と拡散させよう!(笑)
posted by おおおかとしひこ at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

アレグラ

一応風魔ネタとして触れておくか。
ついにアレグラ、紫炎じゃなくなってしまったね。
毎年ひそかに、見るたびに紫炎と呟いていたのだが。

原作の紫炎ファンには申し訳ないことをしたと思うけど、
どこかでインパクトがないと、と思ったので。
見た目のインパクト→不知火、紫炎で前半の色物、
(白虎は潜入があるので、地味に。あと敵討ちのドラマもあるし)
後半に妖水を入れて後ろにずっと色物がいることで、
前景(雷電、闇鬼、黒獅子、陽炎)と区別がつきやすくするような配慮。

風魔がなるべく原作に似た人材を投入したので、
オーディション的手駒が尽きたのと、
似てるか似てないかよりこいつは面白いというのを優先し、
色物に仕立て上げたというのもある。
丸山は声がいいから、ヅラにしても持つ計算。

色物がいなければ、誰が誰か、区別がつくのは後半になってたと思う。
そうすると、よく分からない話になっちゃうのよね。
ヒールのほうがベビーフェイスよりも実力が必要なのは、
どこの興行でもおなじですよ。
演劇でもプロレスでもサーカスでもね。

ベビーフェイスのドラマに集中させる、色物は伝統的やり方だと思います。
敵が「あやし」だからこそ身内が結束することに感情移入しやすくなる。
原作の紫炎ファンには誠に申し訳ないが、
ドラマ的には大正解なのですよ。

実は原作でも夜叉八将軍は色物テクニックを使ってるんだよね。
それは黒塗りの顔。
黒塗り(または活躍回までシルエット)なら、
紫炎は色物にならなかったかも知れないが、
似てない人と一生言われただけかも知れない。
posted by おおおかとしひこ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

俺の取り分orz

前記事で、
「風魔の小次郎」DVD全巻購入の俺の印税を計算して、
138円、という額にまじ凹み。
ええー。もうちょっと評価されていいんじゃねえの。

あなたが18000円払って、僕には138円しか届かない。
風魔の全巻と、缶コーヒーの引き換えかあ。

1万人買うかな。それでも138万円で、これを年収にするのはキツイよね。
10万人買ってないよね。地上波高視聴率で8万枚とかだもんね。
市野さんは脚本クレジットないから、半分くらいだろう。
ちなみに役者は0円だ。
(僕も市野さんも役者もスタッフも、最初にギャラは貰ったけど、
それが微々たるものであることは、画面を見れば分かるよね)

えーっと、誰が持っていくんだい?
不良在庫の倉庫代?

それでも評価の声を届けるのは、購入しかないのかなあ。
posted by おおおかとしひこ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

風魔こぼれ話ちょっとだけ

全話一気見して、突然思い出したこと。
・オープニングの誠士館総長室、夜叉姫の前で小次郎と武蔵が戦う場面、
窓の外でCGの雪を降らせたこと。しかし、暗すぎて写っていないのだ。
あれがもう少し目立っていれば…
・最終決戦での壬生対小次郎の殺陣のこと。
アクション用の黄金剣(ウレタンで出来ていて、軽くて柔らかい。
中に鉄芯が入っていて、形を保つ)が、藤田の振り回しが早すぎて、
何回も鉄芯が曲がったこと。
予備の黄金剣が何本かある、と美術部が10本ぐらい黄金剣を持ってきた絵面に大爆笑。
あれだけ夜叉が騒いだ物語の行く末を左右する秘剣が、
10本ぐらい束で出てくる絵面の面白さ。
posted by おおおかとしひこ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

村井という役者。

普段は映画脚本のことについて語っているブログです。
マホロバがかなり良かったので、
風魔ファンの皆様もこのブログを沢山見てるみたいです。

役者論でも書いてみましょうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

「マホロバ」いってきたよ。

風魔ファンのみんな!
村井がすげえぜ!
あのスタッフに舞台版預けてみたいわ!
シアタークリエにいそげ!

(追記:マホロバ関連まとめました。→まとめ
posted by おおおかとしひこ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

車田正美原画展、いってきました

たまにはブログ的な記事でも。
それが風魔だ!に目頭が熱くなり、
飛鳥武蔵の立ち往生(美しい緑バック)に、なんであの日晴れちゃったのかなあ、
と悔しい思いが込み上げてきて。
もっとやれたんじゃないか、と同世代の風魔ファンに申し訳なくなります。

リンかけ十二神あたりから風魔の死牙馬登場ぐらいまでの絵が、
一番好きなんだよなあ。
あの頃の主線は、何度か書いて太くしているのが、生を見てわかりました。
昔Gペン一発で引こうとして、何回もペン先ダメにしたわ。
生で見るとホントにいいですね。一生ものの眼福。
欲を言うなら姫子ちゃん全裸シーン生で見たかった。
(女子向けだろうからダメか…)
三冊買ってくれるファン向けに書くんじゃなくて、
一般の読者の手をいかに止めるかだ、という車田先生のメジャー精神は、
僕の中で中心思想になっていることに改めて気づきました。

願望を言うなら、ザジ映画化してえ。東映さんみてますか?
posted by おおおかとしひこ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

YouTubeけしからん!

誰だドラマ版アップしたやつ!
レンタルがあまり出回ってないから、
手に入らないのはやむ無しとも思います。
もしドラマが気に入ったら、DVDをアマゾンなどで購入していただくと、
我々への投票になるのです。
お高い?そんなことないでしょ。
世の中の詰まらないドラマより、よほど良心的ですぜ。
相手が子供だったり、初見までは許す。
それ以降ただで見たなんて言ってると、
映画泥棒になっちゃうぞ。大人なら、今すぐ通報だ!
posted by おおおかとしひこ at 22:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

風魔最終話のワンカット撮影

質問があったので、風魔カテゴリで話しますか。
最終話、小次郎の長台詞に、リアクションショットがない理由。

ぶっちゃけてしまうと、
僕が村井の芝居に感動しちゃって、忘れた、というのが真相。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

脚本、一部公開。

コメントにリクエストしてくれた方がいたので、
そういう需要もあるのか、とアップしておきます。
著作権の関係で、1、2、12、13話は公開できそうです。
が、12話は当時スケジュール的にぱんぱんで、手書き納品したので、
文字打ち原稿が手元に残っていません。
手元にあった、1、2、13話の原稿を、公開。
脚本第一話.pdf
脚本第二話.pdf
脚本第13話.pdf

以下、解説。
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

車田正美という才能

今日はなんだか風魔アクセスが跳ね上がっていて
(19時時点で600アクセス。12/3追記:結局1000ごえでした。普段100前後なので…)、
ちょっとテンションあがってきて、
突然車田論について書きたくなったので、書きます。
原作者車田正美先生のマンガが大好きな人だけ、以下へどうぞ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんかまた風魔関連アクセスが跳ねてるみたいなので。

沢山ツイートがフォローされてるんですが、
わたくしツイッターやらないので、どんなことを呟かれてるかわかりませぬ。
(半日くらい前になると、ブラウザからはもうたどれない…)
学校裏サイトで悪口言われてないか、びくびくする小学生の気分であります(笑)。

風魔の続編はどうしたらつくれるのか?
金をもっている人が、わしが出したるわ、というしかないんですなあ。
(シーズン1の場合、一話1000万で1.3億前後でした。それでもしんどかったのは、
映像を見ればわかるでしょう。聖剣やるならもう少しいると思う。
今の連ドラは現代劇1話あたり2000から3000が相場。時代劇やSFなら、さらに倍率ドン)
制作委員会がそうなんだろうけど、連絡先はない。
なので、続編や舞台再演の希望送り先は、販売元に問い合わせするのがよいかと思われます。
あとは、DVDを買いまくってお布施する以外にないのかなあ。
署名運動とか古典的な「声」で動くかも知れないけど、「客」の存在は金でしか届けられないものねえ。
消費行動は投票行動である、みたいな。
「牙狼」はパチンコが出続ける限り続編がつくれるんだよねえ。うらやましい。

書籍なら出版社が窓口なんだろうけど、ドラマや映画はどうすりゃいいのかわかりませぬ。
俺がネットで小説発表したって(それこそ二次創作だし、公人としては無断でやるのは問題だ)、
「映像で」見たいだろうしね…
posted by おおおかとしひこ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

風魔の小次郎絵コンテ12話13話

風魔コンテ、最終回前後篇です。(10/31に13話追加)

11話での麗羅の死をうけ、風林火山の完成から、物語はスタートします。

12話は、竜魔が武蔵に死鏡剣をかけ、武蔵が内側からそれを破るシーンがありますね。
原作でもかなり好きなシーンだったけど、CG費が足りなくなってやむなくカットしたのは、
監督メモでも書きました。
13話はなんと言っても雪。雪をどうするか、それだけが心配でした。
絵理奈の告白中や風魔烈風以後は雪がないなど、印象操作に細かい演出を入れています。
結局ほとんどの雪合成レイアウトを、AVIDが落ちそうになりながら、
一人でしこしこやったなあ。
風魔コンテ12話.pdf
風魔コンテ13話.pdf
コンテ、A4横ですいません。ブラウザによっては回転しないかもなので、
A4縦に変換できたら上書きしときます。
posted by おおおかとしひこ at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

風魔の小次郎絵コンテ9話10話

風魔コンテ9話10話。10話の表紙は気合入ってるなあ。
この頃撮影が結構タイトになってきて、
10話の一部は、まるちょんじゃないと描くのが追いつかなかった記憶あります。
でも決めゴマだけは気合入れてたり。
この当たりから思い入れが強くなって、脚本が長くなる傾向があり、
仕上がったものにないセリフやシーンがあったりします。
撮影はしたけど、編集で切ったんだよなあ。
風魔コンテ9話.pdf
風魔コンテ10話.pdf
posted by おおおかとしひこ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風魔の小次郎絵コンテ5話6話

風魔コンテ、5話6話です。
当たり前ですが、3話4話は市野さん監督なので、僕のコンテはないです。
市野さんの「割り」(コンテではなく、台本に線を入れてカット割りを示したもの。
ドラマはコンテかかずに、割り台本でやるのがスタンダード)などは、
当時の台本の書きこみなどにあるかも知れません。

この台本から、黒枠をCGカットとして、通常カットと区別しています。
俺がこっそりCG使いまくるからです。(笑)
風魔コンテ5話.pdf
風魔コンテ6話.pdf
posted by おおおかとしひこ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風魔の小次郎絵コンテ1話2話

風魔ファンの皆様、保存版です。絵コンテです。(需要はあるのか)
撮影タームごとに区切ります。1話2話です。

1話のコンテは、普段かいてるCMのコンテの7割ぐらいのクオリティでかいてました。
下書き→ペン入れ(ボールペン)→スミ塗り(ベタはボールペン、影は鉛筆)
でもこれは30分全部やるのは大変だぞと。
で、2話以降から、鉛筆がきのみになっています。
鉛筆書きにしてからも、二話分のコンテを二日(三日のときもあった)で
かかなきゃいけなくて、それはそれは大変だったことを覚えています。
でもどこに魂こめるかわらりづらくなったから、表紙をつくって、
そこにはスミ入れて、気合いを示してました。
(エンディングのおさらいでも使われやすいカットだし)
風魔コンテ1話.pdf
風魔コンテ2話.pdf
posted by おおおかとしひこ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

実写版「風魔の小次郎2 銀の一族篇(仮)」構想ノート

大地は今暗闇の中。人はみな忘れちまった。正義も愛も真実も。
だけどあいつがやって来た。希望の匂いのするあいつが…!!

「風魔2銀の一族」構想ノート.pdf

もう6年前になりますか。10月最初の水曜日、23:30に、伝説の(低予算)ドラマがはじまりました。
最初はネタドラマかと思わせておいて、その実大胆で繊細な、
それは「車田ロマン」に少しでも近付こうとする、僕らの戦いでした。

当時の続編の構想を、ちょっぴり公開します。
続編の話がいつまでも公式には出ないので、これは僕の中だけのアイデアの本邦初公開です。
サブタイトルは、ファン以外読めない「華悪崇篇」ではなく、より雅な「銀の一族篇」としてみました。

今回の中心アイデアは、「抜け忍」です。
一本の筋を通すテーマは、「小次郎は次期総帥にふさわしいか」です。
小次郎は風魔を抜けます。追手が来ます。そして、風魔総帥を継ぐ決意をするまでの話です。
そこに、聖剣争奪戦と、華悪崇が絡んでくるのです。
posted by おおおかとしひこ at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

風魔ファンの皆様へ。

突然アクセス数が伸びてびっくりしました。
細々と脚本論を書いていて、日に10アクセスもない辺境ブログが、
9/19から突然、306、633、471、954、1835アクセスに。
どなたかが風魔監督メモを発見してくれて、ネットで拡散しているようです。
(最初は某ch、次はツイッター。拡散の様子がわかって面白かった)
有難いことです。
丁度9/21が僕の誕生日だったので、このアクセス数が、望外の誕生日プレゼントになりました。

長いので、たたみます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

実写版「風魔の小次郎」監督メモ

僕の代表作、実写版「風魔の小次郎」監督メモをアップしときます。
本来発売されるはずだった、ファンブック的な写真集用に書きためた原稿です。

諸般の事情により写真集発売中止、オーディオコメンタリとってる予算も
なかったので、永久に闇に消える筈のものを復刻させてみました。

まだファンの人いるかな。いてほしいな。いたら、自由に読んでください。

以下よりダウンロードできます: 風魔の小次郎のつくりかた.pdf

(2014/11/28追記:いまだに沢山ここに来てくれる人がいるので。
ここはお墓ではない。いまだに現役で動いてる俺のブログだ。
まずは風魔カテゴリを全部読んでくれ。
続編が欲しいなら、東宝へ問い合わせろ。ネットでこっそりタダで見てないで、
DVDを買ってアピールしろ。俺も村井も、いつでもスケジュールは空けてあるんだ!)
posted by おおおかとしひこ at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする