2024年03月01日

【薙刀式】指の認識と空間配置

ブラインドタッチは触覚による感覚であり、
視覚によるそれではない。

それは分かってるはずなのだが、
直感に反する例が出てくると、
なるほどーと思うことがある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月29日

【自キ】おや、昔見たような形

yfukuさんの新作gravity?
https://x.com/dailycraftkbd/status/1763029436121993484?s=20

MJFでやるなら、PA12GBグラファイト磨きがおすすめ。
手触りがよくなるので。

あと、この形だと天面が薄くて、
ペラい打鍵感になるのではないか。
ghostとの組み合わせは予想できないけど、
天面の厚み違いをいくつか作るといいかも。
(材料費を削る意図とは外れるかもだけど)

ちなみに昔やってたときは、
円の直径18mm、厚み4mmだったと思う。
posted by おおおかとしひこ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月28日

【薙刀式】親指シフトを挫折する人が多い理由

たくさんの人が(主に知名度の点で)親指シフトに挑戦しているが、
今日も挫折の声が聞こえてくる。
なんでやろ。

Twitterから。
> 今まで親指シフトに3回ほど挑戦して、結局継続できてないのだけれど、また挑戦してみようかな。ローマ字入力卒業したい(T_T)
> 親指シフトの練習をはじめた。再開。1日1分だけど、多分続かない。続く確率多分10%くらい。くじ引き感覚。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月25日

【薙刀式】撫で打ちの解像度を上げてゆく

もりやんさんが関節の動きを分類して、
それに応じて三種の打鍵法に分解している。

打鍵時の指(フィンガー)の動作を分類してみた
https://note.com/catfist/n/n3eaf2a26ef6c?sub_rt=share_pb

僕が撫で打ちと考えているものだと、
さらに分類できてしまいそうなので書いてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】質量…質量は全てを解決する…

1.6mmナイロンPA11製トッププレートの、
PCBとの間に空いている空間。
上に両面テープを貼った真鍮ブロックで、
重たくしてみたら、戻りノイズが消えた。

横方向の桟には真鍮で質量、
縦方向の桟にはポロンで高周波吸収、
とやるとかなりよくなる。

やはり振動とは質量か…

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月24日

【自キ】バーガーマウント、なかなかやる

シリコンシリコンするのがいやで、
ハーフバーガーにしてたんだけど、
PCBの上下をシリコンで挟む、
本格?バーガーマウントにしたらよくなった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月23日

【薙刀式】編集モードの現在

大幅にいじってみたものの、
指と機能の関係は割と蜜月だったので、
大胆な変更なしになってしまった。
だが、「選択範囲をカッコで囲む」系を、
1面の真裏でなく、2面に空間関係は保存したまま端に寄せることで、
脚本小説マクロが格段に使いやすくなったので、
これを現状としたい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】整形したがる人の不安に似ている

どこかのツイートから拾ってきた。
> このくらい鼻短くて鼻先丸くて高さも自然な鼻になりたい…横から見た時に鼻の印象強いのやだなぁ
鼻を整形しただけでこの不安は終わらないだろう。
次別の何かが気になり、
それが満足いったとしても別のものが気になり、
全体として統合が取れなくなっていきそうだ。

自作キーボードの、
終わらないサグラダファミリアに似てるなー。
整形は繰り返すと何百万単位だが、
自キは繰り返しても何十万単位だし、健康に良い。
posted by おおおかとしひこ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】円回内筋と母子対立筋

どちらも知らない名前だった。
肘の内旋について、こんなに複雑な機構になっていたとはなあ。
これ、単なるテントでは対応できてない可能性が高い。
姿勢やら指の使い方と関係しているね。

もりやんさんの一体型ハノ字キーボードを使うと、
前腕前側が凝るというツイートにリンクされていた、
ここの整骨院の詳細記事に感動した。
https://yumetowa.com/2020/04/%e5%89%8d%e8%85%95%e3%82%92%e6%8d%bb%e3%82%8b%e2%80%a5%e2%80%a5%e5%86%86%e5%9b%9e%e5%86%85%e7%ad%8b%e3%81%a8%e5%9b%9e%e5%a4%96%e7%ad%8b/

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月22日

【薙刀式】ブレーキエリアの意味

引き続き打鍵を解剖して、
解像度をあげていく。

僕ははじめてメンブレン/パンタグラフから離れて、
高級(静電容量、メカニカル)キーボードを触った時、
オン点(アクチュエーションポイント)から、
底打ちまでの空走区間(ブレーキエリアとでも呼ぼう)
の意味がわからなかった。

これがあることで何が得するのだろう?と。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月21日

【自キ】バーガーマウントが意外と効いた

あんまりバーガーマウント聞かないから、
たいした効果がないと思っていた。

MiniAxeはすでに構造が決まってるから、
あと制振するならバーガーマウントかなー試してみるかー、
とやってみたら高周波共振が消えて、
打鍵感が柔らかくなった。
ざっくりいうとツヤが増した。

そのやり方を記録。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月20日

【薙刀式】編集モードの大改造、難航

なんでか考えると、
記号や機能系の整理されたものが、
指の生理に合わないから、
だと思われる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】屈曲と伸展

指を曲げるのが屈曲。伸ばすのが伸展。

タイピング姿勢をとったとき、
屈曲を司る筋肉はすべて下側。手のひら、手首から肘の内側。
伸展を司る筋肉はすべて上側。手の甲、前腕外側。

僕はかつて屈曲で打ってたが、
途中から伸展法に変えた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月19日

【配列】Ctrl配列v2.0

これは…もはや…配列なのか?
音声入力メインの、編集訂正システム、
というべき片手配列だな。
https://qiita.com/hiyoctrl/items/00d5bf0b4b4c2e2fb132

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:04| Comment(7) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ロールオーバーと踏み打ち

もりやんさんの踏み打ちなる打鍵法は、
qwertyローマ字を効率よく打つために生まれた、
打鍵法だと考えられる。
おそらくだけど、ロールオーバーしまくりだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】使い込むこと

Twitterから。
> 自作キーボードというジャンルが確立されてからまだ日が浅いってことあるけど、ひとつの自作キーボード使い込んでるなーって人をまず見たことない。

ここにMiniAxeを5年使ってる人います。
(Since 2019)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】シンデレラフィットは偶然か

現在のv16(仮)が、
なんで行けてるのかが分からないまま、
ずっとずるずると使っている。
なんかシンデレラフィットなんよね。
これって、理論じゃなくて偶然見つかるタイプのやつかな?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】参議院で手書き速記が終了したらしい

一方衆議院では継続。
この玉虫的な判断も日本らしくてねえ…
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0e5c0b09b0f0528d89085234ce6ade802cf0284

手書き速記に代わる「パソコンでの入力」の方法を知りたい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月18日

【薙刀式】編集モードを大改造中

薙刀式は基本縦書き専用だけど、
多くの人は横書きで使うのではないかと思う。
その時に編集モードのカーソル系が使いにくいのは、
とてもわかる。
両対応できないかなー、などと考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】永字六法

書道の基本だね。
「永」という字には、書道の基本が詰まってる。
点、ハネ、左払い、右払い、縦画、横画、と習った。
調べると永字八法もあるらしい。
中国の方法で、なんでも八にしたがる中国っぽいな。

で、タイピング六法みたいなのがありそうだな、
という話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月17日

【薙刀式】漢字変換のボトルネック

往復書簡状態になってる笑もりやんさんのTwitterから。

> どうせ漢字変換の確認しなきゃいけないから、速度という意味では要求値が低い
そこなのよね。

現実的な解として僕が辿り着いてるのは、
「漢字変換を目視確認しない」だなあ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】何故か困ってないv16(仮)版

あれだけ左薬指の頻度いうてたのに、
この版は気にならない。
なんでなのか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】戻りの振動の制御

まだグダグダやってます。
トップハウジングの、ステムの両肩が当たる部分に、
色んな素材を貼り付けての実験。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】目を挟むとよくない

「目を挟む」という、
一見よく分からない造語を自分で作ってしまったので、
解説していく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】踏み打ちという打鍵法

僕は打鍵法を両極端に二つに分類している。
指先で打ち、指を垂直に落とす突き刺し打ち、
指の腹でこする、ないし撫でるような撫で打ち。

手首の位置、手の丸め方、肘の位置などでも分類できようが、
話が分かりやすくなるのでこの両極で考えている。
僕は後者のタイプで、コンベックス、ドームキーキャップは、
それをメインに考えている。

さて、もりやんさんが、
第三の?踏み打ちなるものを突っ込んで書いている。

僕のタイピングフォームは「踏み打ち」だという話
https://note.com/catfist/n/n0161df6bca17

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月15日

【薙刀式】思考が指に奪われる

という表現をみかけて、とても実感がこもってる表現だな、
と思ったので。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月14日

【自キ】my new gear...!

新ケースができたぜ。
染色ドームキーキャップ
+3Dプリントスイッチデッドナー(PA12MJFGB入り)
+3Dプリントケース(PA11MJF)
1AC0092E-97AE-4318-979A-C01C3E383238.jpeg


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月13日

【自キ】スイッチの擦れ感ランキング

キースイッチの重要な要素に、
擦れ感がある。
多分僕が一番重視するポイント。
(一番重視は押下圧だが、
それはスプリングを変えれば済む。
とすると、物理の素材は変えられないので)

その擦れ感ランキングをつくってみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】「く」の位置と意味

Twitterから。
> 親指シフトから月配列系、新下駄配列、薙刀式まで「く」はほぼ単打面にあるのね 頻度高めだけどトップクラスってほどでもなさそうだし シフト面にある配列がひとつくらいあってもいいと思うんだけどなんか理由があるのかなあ

ほとんどのカナ配列で「く」が単打にいる意味は、
漢語用対策だと思われます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:54| Comment(2) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月12日

【薙刀式】カナ入力使用状況

というのがwikiにあったので。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%AA%E5%85%A5%E5%8A%9B

> 1990年のワープロ保有者へのアンケートでは
> JISかな配列は55.1%、親指シフトは15.1%と、
> 「かな入力」はローマ字入力の30.9%よりも圧倒的多数に利用されていた

> 2015年に角川アスキー総合研究所が行った調査によれば、
> コンピュータのローマ字入力の利用者は全体の93.1%に拡大しており、
> 対してJISかな配列の「かな入力」の利用者の割合は僅か5.1%に減少

25年の間に、
ローマ字31%→93%
カナ(JIS+親指シフト)70%→5%
かー。

これは恐竜大絶滅なみの生物層変化だな。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月11日

【薙刀式】オフバランス用の配列だろうか

オンバランス/オフバランスという用語は、
バレエの用語だ。
それぞれ重心の使い方についての用語である。

体の使い方でも両極端があるとしたら、
論理配列もそうなのだろうか。
薙刀式はオフバランスの僕がつくったものだから、
やはりオフバランス用なのだろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】薙刀式と物語

もりやんさんがさらに議論を進めていて、
ひと段落するまでツッコミを控えている。笑

議論の核のおもしろさは、
「世の中の物語には、認知型/行為型の両極があり、
タイピングや思考のありかたも同様、
それらに応じた両極があり、原則一気通貫している」
というところで、
これは今までに誰も議論していなかった話だろうね。

さて、認知と行為かー、
などとつらつら考えていたら、
薙刀式の右手ホームキーが、まさにそうなっとるんですわ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月10日

【自キ】戻り部分に真鍮を貼る

ここまで来てしまった。
底打ち部分に真鍮ブロックを使うならば、
戻り部分にも真鍮使えばさらに良くなるのは、
直感では予想できる。

しかし大変な手間だ…

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月09日

【薙刀式】タイピング、ダンス、物語

「銃、病原菌、鉄」みたいな。笑

普通の人には一見関係ないと思われるこれらが、
実は一続きのワンピースである。

もりやんさんが長文でまとめてくれたので。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月08日

【薙刀式】人差し指メイン

Twitterから。
> 薙刀式って人差し指スパルタ配列だよな。
スパルタかどうかはおいといて、
人差し指を50%使用する配列です。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月07日

【薙刀式】ヴュについてちょっと考えた

ヴュって何に使う?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月06日

【薙刀式】「ローマ字入力以外の日本語入力」は色々ある

PCの文字入力法は、ローマ字だけなの?
これ小指痛くなるしバランス悪くない?
ホームキーのFJほとんど使わないし、
ここにもっと使うキーがあったらいいのに。

ローマ字(デフォルトは、qwertyローマ字という)
以外にも、文字の入力法は、
実はたくさんある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月05日

【薙刀式】小指シフト改変親指シフト

藤井さんのアレンジ。
HHKB studioのUS使用と聞いてたから、
てっきりマウスの左右キーをシフトキーにするのかと思いきや
(遠いけど手が大きい人なのか?と思ってた)、
小指シフトで濁音の、
スペースキー=同手シフト、小指シフト=逆手シフトという、
変則版ができた模様。
https://x.com/t_trace/status/1754309770918662504?s=20

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月04日

【薙刀式】カナ入力にもいろいろあるのだ

ということを分かれば、
薙刀式にもリーチしやすいのかも知れない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:26| Comment(6) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自キ】黄変レジンをプラ太郎で染める

3Dプリント透明レジンの黄変がひどい。
UVコーティングをしても黄変する。
飴色で味がある、という言い方もできるが、
「黄ばんでいる」と言ってしまうとせつなくなる。

いい感じにクリアー染めできないのかなあ、
と調べると、
「プラ太郎」で染めることができるとわかったので、
やってみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】拗音同時押し配列

拗音を同時押しで1アクションを出せるのは、

姫踊子草カナ配列…イ段カナ+規則配置
新下駄…拗音面にやや規則的に配置
シン蜂蜜小梅…8×3マトリックスにほぼ規則的に配置
薙刀式…イ段カナ+やゆよを同時押し(+濁音半濁音)

の4つかな。
(これらに影響された規則的な拗音面を持つ配列もあろう)

のにいるとが、薙刀式に近づいちゃう、
という話が興味深かったので。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】根の深い問題

興味深い漢直勢のツイート。
> Kaoru Maeda 前田 薫@mad_p
> 昔、識別子を日本語で書ける言語で開発していて、変数名を「県」とか「研」とか「課」とか「科」とかしてたら、入力しにくいと苦情が来た。「え、科学より科の方が打鍵数少ないですよ」と言ったら「俺たちローマ字変換勢はkagakuで変換して学を消すんだよ」「誰もが漢字直接入力使ってると思うな」って

手書きの感覚と、デジタルの感覚に齟齬が出始めてる証拠だよねこれ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】連接重視のカナ配列の覚え方

この人の新下駄の覚え方は間違ってる、ないしは遠回りだ。
なぜか。連接を体で覚えようとしないからだ。

Twitterから。
> 新下駄の並び順の法則性がよく分からんのよね。 設計思想的に、よく使う文字に押しやすい位置を割り当ててあるから 「んはめっちゃ使う!」→「人差し指」 みたいに覚えようとはしているんだけども…

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月02日

【薙刀式】なぜqwertyローマ字が普及したのか

とてもシンプルに考えよう。

「キーボードを見ながら打つのが、
一番楽な配列だから」だと思うよ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】変わった運指の記録

スロベニアの選手で、プレヴツという姓があるそうな。
ロシア系?VからTSにつなぐんだなー。
「ヴツ」なんて連接、一生打ちそうにないぞ……

あと「脚色力」なんて拗音三連打を、こないだ打った。
きゃくしょくりょく。
いろいろあるもんですな。
posted by おおおかとしひこ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月01日

【自キ】1.6mmプレートの役割を理解する

アクリル2mmトッププレートしか知らなかった
→14mm角の穴が空いてりゃいいんでしょ?
→PCBとプレートの隙間埋めた方が一体化した打鍵感になるでしょ

この考えは、1.6mmのトッププレートを知ることで、
覆されてしまった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ローマ字入力/かな入力は一種類ずつではない

河野太郎のツイートによって、
ローマ字/かなの話題が盛り上がってて、
色んな言説が飛び交っている。

用語を整理しないと混乱するなーと思ったので、
表題を掲げてみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:26| Comment(9) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月31日

【薙刀式】移行コスト

人によるだろうけれど、
自分のものをざっくり数値化してみようかな。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月30日

【薙刀式】河野太郎のツイートが話題だが

流石に無知無能にすぎる。
Twitterから。
> 今日講演していたら、参加者全員がパソコンでメモでした。ところが聞いてみたら全員がローマ字入力。カナ入力の方が明らかに速いのに。  あなたは、キイボードで日本語を打つとき、ローマ字入力ですか、カナ入力ですか?

ここでいうローマ字入力、カナ入力は、
qwertyローマ字、JISカナだと考えられる。
この二つとも、動線にとても無駄があり、
長く使うには不合理すぎる。
そのことに気づかないのは無能である。

「この二つしかない」と思い込んでいたら、
この二つの罠に囚われる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:15| Comment(2) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする