2017年11月12日

【すーざんさんへの回答箱】複数のテーマは成立するか

>一つの物語につき、テーマは一つでしょうか。自分は何者か、友情、愛情、家族の大切さ、本当の勇気、物事をやり抜く意志力、異なる考えの者同士でも、分かり合える、等々。今、物語を作ったのですが、テーマが複数存在することに気づき、それでは読み手が混乱する、何が言いたいのかぼやけてしまうのだろうか、と不安になってきました。テーマ同士が結びついているのならありなのでしょうか。

まずは長さと関係あるのではないでしょうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:21| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

カッコイイという価値観

今YouTubeで昔のヒーローもの(アニメ特撮問わず)
を作業BGMにするのにはまっていて、
作業しながら拳を突き上げながらやっている。

70年代から90年代に移るに連れ、
明らかに「カッコイイ」の定義が変遷しているのが、
ありありと分かる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:10| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「実写化」なんて不幸量産機だろ

何故漫画を実写化するのか?

「そうでもしないと、制作費が集まらない」からだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:53| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

あれのあれは、結局何だったのか

これをひとつも残さないのが理想だ。
つまり、ラストに近づくほど、
「あれのあれはこうだったのか」と、
「納得がどんどんいく」というようにしなければならない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:21| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愚者の話し合いは一人の天才を潰す

愚者が一週間話し合って出た結論より、
天才が二秒で考えたもののほうが大体いい。

にも関わらず、愚者の結論が天才に押し付けられ、
天才はセンスと心を潰される。


愚痴だ。俺が天才というつもりもない。
posted by おおおかとしひこ at 11:01| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】vortex coreの設定晒す

台湾vortex社製coreキーボード(赤軸)は素晴らしい。
40%キーボードの完成のひとつだと思う。
僕はテキスト専用に、サーフェスとともに持ち歩いている。
hhkbBTを持ち歩くより軽くてかさばらないのがいい。
(難点は静電容量無接点には流石に負けること。
でもメカニカル赤軸は、テキスト打ちには世界で二番の性能だ)

僕の設定を晒す。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:38| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腱鞘炎を治療する肩甲骨はがしストレッチ

職業柄との付き合い方。
僕は酷い腱鞘炎にはもうならない。
色んなストレッチを学び、実践しているからだ。
(その成果は高速カタナ式マニュアルに詳しいので、
悩んでる人がいたらどうぞ)
で、その中でも、
「腱鞘炎は肩凝りと連動している」というのは、
もっと知られていい事実だと思う。

腱鞘炎の筋をほぐすのは難しい。
人類の進化になかった使い方をしているからだ。
しかし、肩凝りをほぐすと、その筋は軽くなる。
実際、こっちのほうが筋のストレッチより効果が大きい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:43| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

【カタナ式】配列難民

という言葉があるそうな。
それは存在しないエルドラドを探す放浪者かも知れない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:11| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実写と漫画の違い3

逆に実写の強みは、
「ほんとうにそこで撮っている」ということだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:26| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実写と漫画の違い2

漫画は絵なので、余白を作れる。
実写には余白はない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:16| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする