2018年04月12日

【入力の話】IME-ON/OFFのショートカット

かえうちを色々設定していて、IMEのON/OFFをうまくやるショートカットを思いついた。
結論から書くと、

←を押しながら→で、IME-ON(かな)
→を押しながら←で、IME-OFF(英数)

というアイデア。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:58| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それは娯楽のレベルに達していない

「詰まらない」と切り捨てずに、
どうしたら作り手として前向きに考えられるか、
と色々考えていたらこの言葉が出てきた。

それは娯楽のレベルに達していない。
じゃ娯楽のレベルに達するには、
どうすればいいか工夫しなきゃね。

もちろん娯楽は百花繚乱ある。
金をかけて華を見せたり、
練りまくった完成度の高いストーリーから、
知見を更新するものから、
おっぱいボローンまで。
posted by おおおかとしひこ at 12:39| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キター

いつからキターって言うようになったんだっけかなあ。
2ちゃんの黎明期からだよなあ。
てことは2000年入るより前か。

なぜか人は、キターしかない。
イクーとは言わない。(エロ以外の話)

それは、行動するかしないかの差だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:27| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞台挨拶で帰る人々を生んだのは誰か

人気者を映画に出そう、みんな人気者を見に来て儲かるぞ!
→初日舞台挨拶とか来たら大人気!やっぱ本物はかっこいい!
→舞台挨拶だけ見て映画を見ずに帰る現象
→香取が物申す←いまここ

チョコとビックリマンシールの関係ですかね。
道端に大量に捨てられたチョコを作った人は、
どういう思いでこのニュースを見るのか。

じゃあ人気者集めてトークショー興行やれば?
つまんねえ映画より儲かるぞ。
当の映画が、女房を質に入れてまで見るものかどうかは知らない。
(予告で興味なくした)
特典映像で釣る商売も同じくだ。

本編がグダグダになってるぞ。
posted by おおおかとしひこ at 10:25| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】【速報】かえうちでの実装に成功

色々工夫して、薙刀式が動くようになりました!
あとUSキーボードでも使えるような工夫をすれば、
ユニバーサルに、MacやUS配列でも薙刀式が動きます!
かえうちとUSBキーボードさえあればね!
US配列用のorzとか、色々整備したら発表します!

あとオススメのキーボードvortex core でも打ちやすい、
スペシャルチューンも作成中。
posted by おおおかとしひこ at 09:47| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

世界の拡大と男女差

また男女論を絡めてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:13| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界を拡大していく要素

1. 空間方向、一次元と二次元
2. 空間方向、高さ
3. 時間方向
4. 人間関係の1
5. 人間関係の2
6. 人間関係の3
7. 知ること、出来ること
8. 間違った方向と正しい方向

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【雑談】人工知能に仕事を奪われても、人間には○○がある

あなたは○○はなんだと思うか。
ちょっとした心理学だなと感じたので。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:47| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】かえうちで薙刀式、いけそう

同時押しの感触が最終的には気にくわないかも知れないけど、
乗ることは乗ることが判明。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:39| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

拡大しきれない世界

前記事のつづき。

長編漫画で詰まらなくなるのは、
拡大を用意できなかったときではないか。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:58| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする